住宅ローンの借り換えをする時のポイント

比較するポイント

 最近は低金利の影響で、住宅ローンの借り換えをする人が増えているようですね。通常のカードローンの借り換えでは、金利の低いところに借り換えるだけでメリットがあります。住宅ローンの場合、金利の低いところに借り換えただけでは、必ずしもメリットがあるとは限りません。住宅ローンの場合、借り換え手数料が高いので、それらを考慮してお得な金利差を探すことが必要です。

 また、住宅ローンの借り換えでは、保証料や事務手数料なども考えなければなりません。大手銀行の住宅ローンを借り換えようとすると、保証料を払わないとローンが組めません。ネット銀行の場合、保証料は少なくて済むかもしれませんが、事務手数料が増える可能性が高そうです。保証料と事務手数料を合わせると、結局、都市銀行とネット銀行のコストはあまり変わらないのではないかと思われます。

 比較対象として、今よりも金利が下がったと仮定して、金利を下げることで節約できるコストよりもコストが高くならないようにしましょう。また、返済額が多くなりそうな住宅ローンの返済を前倒しで終わらせたい人がいる場合は、繰り上げ返済手数料が無料か有料かを確認することも大切です。返済の負担を減らすために、繰り上げ返済を上手に利用しましょう。住宅ローンの借り換えを一度シミュレーションしてみると、どれだけ節約できるかがわかります。

借りる時の金利の差について

住宅ローンを利用する場合は、まず金利について知っておきましょう。金利は一定ではなく、取り扱う金融機関によっても異なるので、まずは情報収集が大切です。住宅ローンを利用するのは、家を買うということが一生のうちにそう何度もあることではないほど重要なことであり、お金もかかるからです。昔に比べて住宅ローンを取り扱っている会社が増えていますので、自分に合った会社を見つけることが大切です。

日本の金利が低い状態が続いているので、住宅ローンの金利もかなり低い状態が続いているのが現実です。住宅ローンを組むときに気になるのは、いくらまでなら借りられるのか、ということですよね。新しい家を買うときには、どれだけ借りられるかがとても重要です。低金利は追い風です。そして、かつてないほどの超低金利で住宅ローンを組まない手はありません。今一度、家計を見直し、ローンの返済にどれだけのお金を使えるかを考えてから、申し込み金額を決めるのがいいでしょう。

住宅ローンの返済に毎月いくら使うのかを明確にすることで、借りられる金額の目安を知ることができます。低金利の住宅ローンを借りることができれば、その分を元金に充てることができるので、家のためにお金を使うことができます。金利の差が小さくても、借入額が大きい住宅ローンは、総返済額を計算するときに予想以上に大きくなるので、慎重に検討することが大切です。

当サイトはWordPress最強テーマを使用してます
最強テーマ「Diver」

アフィリエイト初心者でも最高のパフォーマンスを発揮するテーマ。当サイトはその「Diver」を使って作成しています。DiverであればSEO対策は万全!アフィリエイターでもブロガーでも関係なし。サイト回遊率、直帰率、再訪問率がアップします。比較的規模の大きいサイトにはうってつけのテーマになっています。設定もデザインも特別な知識無しで簡単作成できます。管理人のイチオシは「Diver」だけ!

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事