自己破産者が起業したとき融資は受けられるのか

記録が消えればローンは組める

 自己破産は、キャッシング会社から借りたお金が何らかの理由で返済できなくなった場合に行う手続きです。そして、自己破産の手続きをすると、自分の名前がブラックリストに載ることは避けられません。自己破産の記録がある限り、返済能力に問題があると判断され、融資を受けることができません。ブラックリストに名前が載っている限り、クレジットカードの発行やカードローンの利用ができなくなります。

 とはいえ、破産者としての名前のブラックリスト掲載期間は永久に続くわけではないので安心してください。自己破産の記録が消えるまでの間、何の問題もなく過ごせるのであれば、普通にローンを利用することができます。一度破産者になっても、その後数年間はキャッシング関連の問題を悪化させなければ、チャンスはいくらでもあります。したがって、自己破産を経験した人でも、完全に再スタートすれば、起業して金融機関から融資を受けられる可能性があります。

 審査に通りやすくなるのではなく、見込みが回復するだけだということを覚えておいてください。信用情報機関の情報が消えても、一度返済できなくなった金融機関の審査は通らない可能性が高いと思われます。破産者になってからローンを組む場合は、必ず一度も借りたことのない金融機関に申し込むようにしましょう。一度も借りたことのない金融機関を選んで融資を受けることで、破産者でもお金を借りられる可能性が高くなります。

融資を受けることは可能?クチコミ情報を活用

 破産者がローンを組みたいときは、まず口コミで調べることが大切です。自己破産した場合、個人信用情報機関に記録が残ります。金融会社は、新規融資をする前の審査で信用情報機関を参照し、延滞や破産の情報を確認します。一般的に金融会社は、自己破産を経験した人は返済能力が低いと判断して貸し出しを拒否します。信用情報機関では、破産情報を約5年から10年管理しており、一定期間が経過すると記録が消えてしまいます。

 金融機関が信用情報会社に問い合わせをしても、すでに破産情報が消滅していれば、審査結果に支障はありません。記録された期間は短くないので、その間にローンを組まなければならないこともあります。そのような場合でも、全くローンが組めなくなるということはないようです。信用情報機関の情報を重視する銀行や大手消費者金融では、新規の融資は期待できません。破産者でも貸してくれる金融機関を探すのであれば、中小の消費者金融が狙い目です。

 表立ってアピールしていない中小の消費者金融を探すには、クチコミ情報を活用することが大切です。なお、破産者に融資する金融業者の中には、その弱い立場を利用して強引な取り立てや貸し付けを行うところもあるので注意が必要です。

自己破産後も可能な融資方法

 自己破産した人が新たにローンを組む場合、借りても大丈夫ですか?一度自己破産した人が新たに融資を受ける場合、条件によっては融資を受けることができます。信用情報機関には個人のキャッシング履歴がありますが、一定期間が経過すると記録は消えてしまいます。しかし、自己破産経験者が金融機関から新たにローンを組みたいと思っても、すぐには利用できません。

 破産情報は信用情報機関にとって最も長く、5年間残っているので、その間は新規融資はあきらめたほうがいいでしょう。自己破産から5年以上経過していない場合は、借り入れが難しいと判断せざるを得ません。ほとんどの金融機関では、5年以内に自己破産した場合、新規の融資はしてくれませんが、たまに例外もあります。金融会社を調べてみると、一定の条件で破産者に貸し出すキャッシング会社があります。

 しかし、ほとんどの金融会社はまず貸さない。違法な金融会社であれば、リスクはありますが、貸す可能性はあります。高利貸しは法律の範囲外の融資を行うので、利用すると大損する可能性があります。金融会社からお金を借りようと思ったら、必ず金利を計算して融資額を確認してください。自己破産すると融資条件が悪くなりますので、信用情報機関への登録が消えるのを待つのが賢明です

当サイトはWordPress最強テーマを使用してます
最強テーマ「Diver」

アフィリエイト初心者でも最高のパフォーマンスを発揮するテーマ。当サイトはその「Diver」を使って作成しています。DiverであればSEO対策は万全!アフィリエイターでもブロガーでも関係なし。サイト回遊率、直帰率、再訪問率がアップします。比較的規模の大きいサイトにはうってつけのテーマになっています。設定もデザインも特別な知識無しで簡単作成できます。管理人のイチオシは「Diver」だけ!

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事