クレジットカードとカードローンの金利の違い

金利ゼロか低金利か

 クレジットカードを持っていれば、現金がなくても買い物ができますが、返済までには利息がかかります。一方、すぐに現金を調達したい場合は、カードローンが便利ですが、借りたお金を返すときには、あらかじめ取り決めた利息が返済額に加算されます。借りたお金で買い物をした場合、クレジットカードとカードローンではどちらが良いのでしょうか?

 クレジットカードで買い物をして、2ヶ月払いや一括返済を指定した場合は、手数料がかからないことが前提です。金利が発生しないので、クレジットカードを利用した方が良いのです。しかし、リボ払いや分割払いでクレジットカードを使って買い物をする場合はそうはいきません。クレジットカードの分割払いの金利は、クレジット会社によって異なりますが、約7%~15%です。

 限度額1,000万円まで融資を受けられる人は3%程度の金利になると言われていますが、それができる人はほとんどいません。一般的には限度額が100万円以下の場合が多いでしょうから、消費者金融や信販会社の場合は18%近くの金利が設定されています。銀行カードローンを利用すれば、もう少し金利は下がりますが、それでも14%前後と言われています。カードローンでお金を借りるよりも、クレジットカードで買い物をした方が低金利で買い物をすることが可能です

 金利0円で買い物をしたい場合は、翌月に一括払いをすればよい。ショッピングではなく、お金がある場合は、銀行カードローンを低金利で申し込むことができます。

当サイトはWordPress最強テーマを使用してます
最強テーマ「Diver」

アフィリエイト初心者でも最高のパフォーマンスを発揮するテーマ。当サイトはその「Diver」を使って作成しています。DiverであればSEO対策は万全!アフィリエイターでもブロガーでも関係なし。サイト回遊率、直帰率、再訪問率がアップします。比較的規模の大きいサイトにはうってつけのテーマになっています。設定もデザインも特別な知識無しで簡単作成できます。管理人のイチオシは「Diver」だけ!

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事