キャッシングで融資を受けたい時には

銀行系と消費者金融の違い

 銀行系のキャッシングと消費者金融系のキャッシングがありますが、何が違うのでしょうか。

 キャッシングとは、何らかの理由で現金が必要になったときに、金融会社から一定の金利で現金を借りることです。即日融資が可能なキャッシングは、急に必要になったときに便利です。金融会社から融資を受けたい場合、銀行の場合は審査結果が出るまで数日待たなければならないと思いがちです。しかし、クレジットカードのキャッシング機能を利用したり、消費者金融会社から借りたりすれば、すぐに融資を受けることができます。

 消費者金融会社へのキャッシングの申し込みはとても簡単で、すぐに審査が完了しますし、クレジットカードの場合はカードを作った時点で審査が行われます。キャッシングの審査や融資を受ける際には、定職に就いているかどうかが重要になります。貸したお金を返せないと思うと、審査では断られてしまいます。その例としては、自分の収入がない主婦が挙げられます。

 消費者金融ではなく、銀行系のキャッシングであれば、専業主婦でも審査に通る可能性があります。また、銀行からお金を借りる場合には、同居している家族や配偶者の収入も審査の対象となります。本人が借りたお金を返済できなくても、家族や配偶者が返済を引き継ぐことも考えられます。

 ローンを組みたいが、急ぎではないという方には、低金利で借りられる銀行ローンがお勧めです。

低金利のキャッシングを利用するメリット

 最近ではインターネットからキャッシングの申し込みができるようになり、実際のお店に行かなくても気軽に利用できるようになりました。キャッシングのイメージもずいぶん変わり、今では多くの人が普通に利用しています。金融会社が増えているので、良い条件で貸してくれるところを探したいですね。キャッシングで融資を受ける際に一番気になるのは融資金利ですが、これはどこで借りるかによって大きく異なります。

 なるべく低い金利で借りることで、返済が楽になります。

 キャッシング会社は消費者金融系と銀行系に大別されますが、銀行系のキャッシング会社は金利が低いのが特徴です。返済の負担を軽くするために低金利のキャッシングを選ぶのであれば、銀行系の金融機関の方が良いでしょう。ただし、銀行系キャッシングは消費者金融よりも審査が厳しく落ちる可能性があるので注意が必要です。

 消費者金融のキャッシングでは、一定の条件を満たせば無利息で融資するところもあります。返済期限や金額、初回のみなどの条件がありますが、条件を守って融資を受ければ金利0%で融資を受けることができますので、非常に有利なサービスと言えます。なお、提携ATMを利用してお金を借りる場合は、金利にかかわらずATM利用手数料がかかる場合がありますので、ご注意ください。

 キャッシング会社から融資を受ける際には、金利だけでなく手数料やその他のサービスも確認する必要があります。

当サイトはWordPress最強テーマを使用してます
最強テーマ「Diver」

アフィリエイト初心者でも最高のパフォーマンスを発揮するテーマ。当サイトはその「Diver」を使って作成しています。DiverであればSEO対策は万全!アフィリエイターでもブロガーでも関係なし。サイト回遊率、直帰率、再訪問率がアップします。比較的規模の大きいサイトにはうってつけのテーマになっています。設定もデザインも特別な知識無しで簡単作成できます。管理人のイチオシは「Diver」だけ!

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事