キャッシングの種類と審査が終わるまでの期間

銀行系と消費者金融系、事業者向けでの違い

 キャッシングを申し込むたびに審査がありますが、審査に必要な日数はキャッシング会社によって異なります。また、返済方法や借入金利、利用限度額など、融資に伴う条件もキャッシング会社によって異なります。なるべく早くお金を借りたい場合は、審査にかかる時間を調べる必要があります。キャッシング業務を行う金融会社には、銀行系と消費者金融系がありますが、消費者金融系の方が審査を短時間で行うと言われています

 この頃になると審査も早く終わり、日中の借り入れに対応するキャッシング会社も増えてきました。お金を借りるというと、いろいろな手続きが面倒だと思われがちですが、即日で借りられるのはとても便利です。ただし、短時間で審査が完了するキャッシング会社の方が借入金利が高く、審査基準が緩い分、返済負担が重くなる傾向があると言われています。誰にも気づかれずにキャッシングを利用したいという方は、インターネットのホームページから申し込むことができます。

 しかし、事業者向けのキャッシングは審査に時間がかかり、申し込みも紙媒体でしかできません。事業者向けキャッシングは、個人向けキャッシングに比べて申し込みが煩雑で、審査結果が出るまでに2日かかります。審査で見ている場所が違うので、個人向けキャッシングと事業者向けキャッシングでは必要な日数が異なります。審査時間が短くて済む分、無計画な借り入れをしないように注意が必要です。

審査に落ちる原因

 キャッシングに申し込んでも、審査に通らなければお金を借りることはできません。キャッシングの審査でNGになるのはどんな人?仕事をしていてそれなりの収入がある人でも、キャッシングの審査に落ちることがあります。有名企業に勤めている人でも、勤続年数が1年未満だと審査に通らないことがあります。

 キャッシングの審査では、返済能力があるかどうかを判断します。今の会社に長く勤めていないと、安定していないと判断されてしまいます。勤続年数が短い人は、「今の職場にいられるかどうか、まだわからない」と判断されます。また、審査申込時の借入希望額が収入を大きく上回っていても、審査に落ちる可能性が高くなります。というのも、ローンサービスには総量規制というルールがあり、金融会社から融資を受けられる金額は年収の1/3までとなっているからです。

 また、申込書類に虚偽の情報を記載するケースが多く、この場合も審査には通りません。会社名や勤務先の住所、電話番号などは正確に記載するようにしましょう。たとえ間違えていても、それが虚偽と判断されれば、審査では不利になります。キャッシング会社の中には、並行して申し込みをしている人がいますが、金銭的な不安があるようで、評価がダウンしてしまいます。

 一つのキャッシング会社で断られても、1ヶ月くらい待ってから次のキャッシング会社に申し込むようにしましょう。

ネットを通じてできる審査申し込み

 最近では、インターネットからキャッシングを申し込むインターネットキャッシングユーザーが増えていると言われています。インターネットからキャッシングの申し込みをすると、いつでもどこでもキャッシングの申し込みができるようになりましたので、キャッシング利用者が飛躍的に増えています。インターネットからの申し込みでは、申し込みから短時間で審査を終えることができるようになったため、待ち時間が短くなっています。

 また、迅速な手続きもユーザー獲得の要因であり、いくつかの金融機関では審査時間の短縮に力を入れています。これからキャッシングを申し込もうと考えている人にとって、ネットキャッシングは夜中や休日にも申し込めるのでありがたい存在です。最近では、キャッシングの申込者の多くがインターネットを利用していると言えます。キャッシングは昔に比べてずっと身近なものになりましたが、その分、サービスも使いやすくなっています。

 最近ではキャッシングの申し込みも簡単になり、審査結果もすぐに出るようになったので、あまり待たずに融資を受けることができるようになりました。最短では申込日に融資を受けることも可能で、様々な理由で利用している人もいるようです。今後も、インターネットを利用した審査方法を採用する金融機関は増えていくことが予想されます。インターネットを利用できる環境があれば、いつでもキャッシングの申し込みができるので、急ぎで現金が必要な人にはありがたいですね。

 インターネットでキャッシングの申し込みができる現在のシステムは、多くの人に喜ばれており、顧客獲得に貢献していると言えるでしょう。

当サイトはWordPress最強テーマを使用してます
最強テーマ「Diver」

アフィリエイト初心者でも最高のパフォーマンスを発揮するテーマ。当サイトはその「Diver」を使って作成しています。DiverであればSEO対策は万全!アフィリエイターでもブロガーでも関係なし。サイト回遊率、直帰率、再訪問率がアップします。比較的規模の大きいサイトにはうってつけのテーマになっています。設定もデザインも特別な知識無しで簡単作成できます。管理人のイチオシは「Diver」だけ!

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事