無担保ローンのメリット・デメリット

金利の高さに注意

 無担保ローンを利用することになったら、良い点だけでなく、注意したい点も意識してみましょう。多くの人が便利に利用できる無担保で貸し出すことができる金融商品を無担保ローンといいます。不動産や車などの資産を持っていない人にもお金を貸してくれるサービスです。無担保ローンというと、あまり利用したことがないような気がしますが、キャッシングもローンですし、クレジットカードにも機能があります。消費者金融会社や銀行も、借入金額によっては無担保ローンとして借入をすることができます。

 借りる側のメリットとしては、担保を審査する必要がないため、無担保ローンの審査の待ち時間が短いことが挙げられます。申し込みから審査完了まで1時間以内という金融会社も多い。お金を貸す立場からすると、無担保ローンを貸しても返済できなければ、貸したお金を取り戻す方法はない。

 金融機関のリスクを減らすために金利が高く設定されているので、借りる側にとってはデメリットになります。無担保ローンを利用する際に、まず注意しなければならないのが金利の高さです。担保付きのローンは、それだけで低金利に設定できます。ローンを申し込む際には、担保がない場合、本人に返済能力があるかどうかが重要になります。審査では、どのような仕事をしているのか、収入はどれくらいあるのか、持ち家はあるのか、などを細かくチェックします。

 他の金融会社から借り入れをしていたり、返済に困っていたりすると、審査をクリアできないことがあります。

無担保でローンを組めるのか

 日本の金融市場は諸外国に比べて遅れていると言われています。無担保融資は可能ですか?最近では多くの人がローンを組んでいます。買い物など、大きな金額が動くときに便利です。キャッシングやローンなどの金融商品を利用したことがない人はほとんどいません。どの金融機関からお金を借りるかは人それぞれですが、返済しながら日々の生活を送っているといえます。政府系金融機関は最も審査が難しく、民間関係や消費者金融の外資から借りたお金は審査に通りやすいものの、金利は高くありません。

 高利貸しは論外ですが、他の金融機関から融資を受ける場合は、個人の信用を担保に無担保で借りることができます。ただし、住宅ローンや事業資金など、希望融資額が大きいものは無担保ではダメです。返す目的で借りた金額であっても、思わぬトラブルで返済が遅れることもあります。その場合、損をするのはお金を貸した金融機関です。保証人になって、万が一のときに返済をすべて引き受けることができるのであれば、無担保ローンを利用することができます。

 無担保ローンを借りることは不可能ではありませんが、その場合は少額の融資になります。信頼できる企業や個人と認められれば、外資系の銀行でも問題なく貸してくれますが、日本では担保があるかどうかが重要になります。無担保融資をすると貸し倒れのリスクが非常に高くなるので、金融会社は絶対に担保が必要なのです。

融資額が足りないときに役に立つ

 新しくお店を出したり、会社を立ち上げようとすると、お金が必要になります。起業が失敗したときのことを考えると、全額を自己資金で用意できるに越したことはありませんが、基本的には融資を受けて資金を作ることになります。もちろん、金融機関はリスク対策をしないで貸すことはありませんから、無担保で借りることはできません。起業時の資金の場合、金融機関が融資を受けられたとしても、少し足りないケースがあります。

 お店を開いたり、会社を立ち上げたりするときには、金融機関からの借り入れ額では足りず、知人や親戚を頼る人も多い。少ししか必要ないので、借入を増やしたいという場合には、無担保ローンを利用する人もいます。無担保ローンを借りようとすると、金利が高く設定されてしまうことを理解しておきましょう。できれば、高い金利でローンを組むべきではありませんが、無担保でお金を借りられるのであれば、それに越したことはありません。

 この時点での借り入れは、今後の見通しが立っていて、期日までに返済できる状態であれば、決して悪いことではありません。大金が動くわけですから、会社やお店を始めるときには、事前に計画を立てて内容を検討しておくべきでしょう。しかし、想定外のことが起きたり、やってみないとわからないことが起きたりして、出費が増えることもあります。

 無担保ローンは、すぐにお金が必要になったときに、先手を打って融資を受けたい人に便利です。

当サイトはWordPress最強テーマを使用してます
最強テーマ「Diver」

アフィリエイト初心者でも最高のパフォーマンスを発揮するテーマ。当サイトはその「Diver」を使って作成しています。DiverであればSEO対策は万全!アフィリエイターでもブロガーでも関係なし。サイト回遊率、直帰率、再訪問率がアップします。比較的規模の大きいサイトにはうってつけのテーマになっています。設定もデザインも特別な知識無しで簡単作成できます。管理人のイチオシは「Diver」だけ!

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事