ローンの借り換えについて

キャッシングローンの借り換え

 そんな人におすすめなのが、キャッシングローンの借り換えです。キャッシングなどのいわゆる無担保ローンの最大の特徴は、借りたお金の使用目的が限定されないことです。土地や不動産を確保できなかったり、保証人を頼めなかったりしても、キャッシングを利用することで借りやすくなります。ただし、担保や保証人が必要なローンよりも金利が高く設定されているので、できれば利用したくない選択肢です。そのため、金融機関から借り入れた後、返済が間に合わない場合の応急処置としてキャッシングを利用するケースが多いようです。

 キャッシングの使い方を間違えると、自分の利用限度額を超えた融資が受けられなくなるため、複数の金融会社からお金を借りようとする人が出てきます。キャッシングを利用した借り入れが続くと、ローン利用者の頭を悩ませるのは、複数の金融機関からの高金利請求です。ローンの借り換えは、複数の借入を一度に解消する方法です。

 一度借りたお金を確実に返済していくためには、状況を把握することが大切です。ローンをひとつにまとめることで、毎月の支払日や支払額を忘れることがなくなります。金融会社が扱うキャッシングローンの中には、借り換えを前提としたものもあります。ローンを1社にまとめることで、返済が完了するまで返済を続けることができるので便利です。借り換えの際には審査があり、きちんと返済できる能力が必要ですが、各会社が積極的に提供しているローンなので、利用できる可能性は高いです。

 ローンを一本化することで、毎月一回の返済で済みますし、返済の進捗状況を気にする必要もありませんので、ぜひ借り換えをご検討ください。

住宅ローンの借り換え

 住宅ローンの借り換えには、長期的な視点で考える必要があります。住宅ローンは家を買うときに使うものですが、多くの人は家を買うことに集中していて、ローンは二の次になってしまうことがあるようです。住宅ローンにあまり興味がない人もいますし、住宅メーカーの営業マンの言うとおりにローンを組んでしまった人もいるようです。何も考えずに選んだ住宅ローンも、住宅ローンの借り換えでお得になるケースもあります。

 住宅ローンは他の目的のローンに比べて高額で、完済までに時間がかかるため、利息だけでもかなりの金額になります。住宅ローンはどうしても借り入れ金額が大きくなるので、返済に要する期間や金利の多少の差によって、返済総額が変わってきます。住宅ローンは家計の中でも大きな支出の一つですから、返済の負担を減らすことで家計が楽になります。

 実際に利用するかどうかは別にして、まずは金融機関に住宅ローンの借り換えにどれくらいの費用がかかるのか聞いてみるといいでしょう。ローンの金利が下がることは最低条件ですが、借り換えにもかなりの手数料が必要です。同時に複数の金融機関を調べることで、作業効率を上げることができます。

 借り換えの手数料は、金融会社によって異なります。繰り上げ返済や借り換えにいくらかかるかは、住宅ローンの返済時にも難しい。金融機関の金利は下がっているので、借り換えてもあまりおいしくない。

住宅ローンの借り換えのメリット

 借り換えでは、低金利の住宅ローンに変更できれば、返済が楽になります。現在の住宅ローンよりも低金利の住宅ローンに借り換えれば、総返済額が少なくて済みます。長年、住宅ローンの返済をしていない人は、借り換えのメリットがあるかもしれません。低金利のローンに借り換えることで、どのくらいの金利差が生じるのかを考えた上で、借り換えましょう。

 いつからメリットが発生するのかをきちんと確認しておく必要があります。完済までにあとどれくらいの返済が必要になるか、借り換えと非借り換えは個別に計算します。借入額の多い住宅ローンでは、1%の金利差で数十万円の金利差が生じることもあります。借り換えは、返済開始直後は良い結果につながりますが、状況によっては何も言えなくなります。

 返済残高が多ければ多いほど、金利から得られる利息も多くなるので、残高がいくらなのかが判断材料になります。住宅ローンの借り換えに必要な検討事項は、返済が完了するまでの年数です。これも残高と同じで、返済期間が長ければ長いほど利息が高くなるので、返済期間が残っていればいるほどメリットが大きくなります。たくさんのお金を借りている住宅ローンは、借り換えの影響を大きく受けます。

 借り換えに必要な条件や手続きを検討するのに時間がかかるかもしれませんが、返済額を減らせるのは魅力的ですね。

当サイトはWordPress最強テーマを使用してます
最強テーマ「Diver」

アフィリエイト初心者でも最高のパフォーマンスを発揮するテーマ。当サイトはその「Diver」を使って作成しています。DiverであればSEO対策は万全!アフィリエイターでもブロガーでも関係なし。サイト回遊率、直帰率、再訪問率がアップします。比較的規模の大きいサイトにはうってつけのテーマになっています。設定もデザインも特別な知識無しで簡単作成できます。管理人のイチオシは「Diver」だけ!

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事