ブラックの人がお金を借りるには

返済能力の有無が重要

 一度でもブラックリストに載ってしまった場合、その後、新たにローンを組むことはできないのでしょうか?返済が遅れたり、債務整理をしたりすると、個人信用情報機関にブラック情報として最長10年間記録が残ります。いわゆるブラックリストに名前が載ってしまった状態です。新たにキャッシングやローンを申し込む際、金融会社は審査の段階で利用履歴を信用情報機関に照会します。

 ブラック情報があると、信用を得ることができず、ローン審査にも通らない。ただし、金融会社によっては「融資OK」と判断される場合もあります。審査が甘いと言われている中小の消費者金融では、融資をしてくれる場合があります。ただし、返済能力が確認されているので、返済が遅れて遅延が続くと信用を得ることができません。

 金融会社の中には、自己破産の記録がある人には絶対に貸さないというところもありますが、延滞の履歴であれば貸す余地はあります。小さな金融会社から融資を受ける場合でも、金利が法律で定められた範囲内かどうか、高利貸しではないかどうかを調べてください。高利貸しはブラックリストに載っている人を狙っているので、騙されて契約したり、融資を受けたりしないように気をつけることが大切です。キャッシングブラックの人は、原則として新たな融資を受けることはできません

 お金を借りる時は、完済までの見通しをキチンと立ててください。

ブラックでも審査に通る?

 ブラックリストに名前が載っている人にお金を貸してくれる会社はありますか?ほとんどの金融会社では、信用情報がブラックな状態の人には、新規申し込みがあっても貸し出しを拒否しているようです。融資しても返済できないお客様は、ハイリスクな相手です。一定の収入があるだけでなく、融資をしても返済してくれる人でなければ、貸す意味がありませんから、ブラックになっている人はその点を心配するでしょう。

 しかし、消費者金融の中には、ブラックの人にも貸してくれるところがあります。小規模な消費者金融であれば、一般的に審査のハードルは低いかもしれません。ローンはそれほど高額ではありませんが、気にならない方はぜひ申し込んでみてください。一口にブラックといっても様々なケースがありますので、場合によっては貸せる大手企業もあるでしょう。

 そんな場合でも、多額の融資は期待できません。最初の融資は数万円で、融資と返済を何度も繰り返して信用を築いていきます。しかし、違法に貸し付ける高利貸しは、ブラックで貸し手が見つからない人を騙そうとしているのです。違法なので、法律で規定されていない高金利で貸付を行い、返済できなければ容赦ない取り立てを行うこともあるようです。

 ブラックリストに載っていて、貸してくれる金融会社が見つからない人は、高利貸しに引っかからないようにしましょう

当サイトはWordPress最強テーマを使用してます
最強テーマ「Diver」

アフィリエイト初心者でも最高のパフォーマンスを発揮するテーマ。当サイトはその「Diver」を使って作成しています。DiverであればSEO対策は万全!アフィリエイターでもブロガーでも関係なし。サイト回遊率、直帰率、再訪問率がアップします。比較的規模の大きいサイトにはうってつけのテーマになっています。設定もデザインも特別な知識無しで簡単作成できます。管理人のイチオシは「Diver」だけ!

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事