自己破産した後でも融資を受けられるのか

破産後に受ける融資方法について

 信用情報会社で管理されている信用情報は、自己破産すると事故情報として残ります。信用情報に事故情報が含まれていると、金融会社の審査が通りにくくなります。その結果、新たにローンやクレジットカードを作ることができなくなってしまうのです。そのため、自己破産をしてしまうと、新たにローンを借りることは難しくなります。

 ただし、自己破産したという信用調査機関の情報を5回程度待てば、その記録は削除されます。信用情報機関に自分の信用情報を見せてもらうことができますので、事故情報が消えていることを確認してください。信用情報会社の情報を確認しても、自己破産の履歴がどこにも記載されていなければ、問題なくお客様として申し込むことができます。自己破産をしていても、5年間、金融機関を利用せずに乗り切れば、新たにローンを組むことができます

 金融会社の中には、自己破産しても数年以内であればローンを組めるというメリットがあるところもあります。本当にお金が必要なときには、そういった金融業者は魅力的に映るでしょうが、問題があっても貸してくれる金融業者のほとんどは高利貸しです。いくら緊急性があっても、高利貸しから融資を受けた場合は、何らかの問題を抱えている可能性がありますので、関わらないようにしましょう。

 自己破産してから5年以上経っていれば、新たにキャッシングできるので、それまで待ってみるのもいいでしょう。信用情報機関に登録されている自己破産の事故情報が消えるまでは、金融機関に手を出さずに冷静になっていれば、新たなローンを組むことができるでしょう。

審査は通るのか

 自己破産した人自身が新たにローンを申し込む場合、ローンが組めるかどうかを心配する人が多いようです。実際のところ、自己破産をして、ローンが組めないとあきらめてしまうと、ブラックリストに載ってしまう人もいるかもしれません。しかし、過去に自己破産をした人でも、ローンを組めたケースはたくさんあります。

 新たにローンを組む際には、自己破産をしていても借りられる条件があります。このとき、信用情報機関にどのような情報が残っているかを調べる必要があります。審査で重要なのは、自己破産の手続きをして免責が認められてから最低でも5年は経過していることです。信用情報機関のキャッシング履歴は5年経つと消えてしまい、記録されなくなります。

 自己破産による債務整理をした場合、この情報が消えるまでは融資を受けられる可能性が厳しいと言わざるを得ません。そして、自己破産したときに借りた金融会社は、二度と借りられないのです。金融会社を選ぶ際には、利用経験がない方が新たな借り入れをしやすいように思います。自己破産をしたことがある人でも、5年以上経つと記録がなくなることが多いので、キャッシングの手続きがスムーズになります。

 貸す側は、今後しっかりとした返済をしてくれるかどうかを見ますので、自己破産から5年以上経過していて、信用情報が回復していて、現在の収入に見合った借入をしていれば、審査は通ります。と考えることができます。

融資を受けられる可能性

 自己破産をした人が新たにローンを組むときに、何か問題はありますか?自己破産をした人でも、借りたお金の返済が困難になるため、新たにローンを組みたいと思うことがあります。金融機関から融資を受けることができないかと考えています。キャッシングは、自己破産した人でも利用できる可能性がありますが、前提条件があります。

 まず、5年以内に自己破産した人はブラックリストに載っているため、審査の段階で断られてしまいます。一般の金融機関は5年が基準ですが、銀行は10年が基準なので覚えておきましょう。ローンの審査が銀行になって審査に通るためには、自己破産から10年以上経過している必要があります。基準となる年数はありますが、自己破産時に利用していた金融機関は社内ブラック扱いとなり、審査で不利になる可能性が高いと言われています。

 10年以上経過していても、融資を受けられない場合がありますので、ご注意ください。今まで利用したことのない金融機関にローンを申し込む。自己破産をしていてもしていなくても、現在の収入が安定していなければ、融資は断られます。自己破産と融資の関係は、明確なルールがなく、金融機関によって判断方法が異なるため、無条件に無理というわけではありません。

当サイトはWordPress最強テーマを使用してます
最強テーマ「Diver」

アフィリエイト初心者でも最高のパフォーマンスを発揮するテーマ。当サイトはその「Diver」を使って作成しています。DiverであればSEO対策は万全!アフィリエイターでもブロガーでも関係なし。サイト回遊率、直帰率、再訪問率がアップします。比較的規模の大きいサイトにはうってつけのテーマになっています。設定もデザインも特別な知識無しで簡単作成できます。管理人のイチオシは「Diver」だけ!

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事