ブラックでもクレジットカードは作れる?

自己破産・任意整理から最低5年

 新たにクレジットカードを作りたいと思っていても、かつて返済に困って金融ブラックになってしまった方も多いのではないでしょうか。ブラックの方でも条件次第ではクレジットカードを作れる可能性があります。キャッシングブラックに名前が載るようになった理由によっては、クレジットカードを作れる可能性があります

 自己破産や個人再生をして5年以上経過していれば、新しい金融商品を利用することができます。銀行は10年以上借金や破産をしていないと貸してくれない場合があります。任意整理の場合は、裁判所を通さずに金融機関と弁護士の交渉のみで手続きを進めます。信用情報機関では、任意整理の内容について言及していない場合もあり、その場合は調べようがありません。

 信用情報協会に個人の信用情報を照会しても、特に問題はありませんので、スムーズに融資を受けることができるでしょう。金融ブラックの人がクレジットカードを申し込んだ場合、審査がOKになることもあれば、断られることもあります。信用情報機関によっては、3ヶ月以上返済を延期した人の記録を5年間保存したり、1年で消去したりしているようです。

 ある信用情報機関の情報が消えたからといって、別の信用情報機関の情報が消えたわけではありません。カード会社によっては、1年後の審査に影響しない場合もありますが、ブラックになってから5~7年程度は審査に通らない可能性が高いです。

ブラックでも即日融資は要注意

 金融の分野では、ブラックは過去に金融事故を起こした人を指します。金融ブラックは、貸したお金を返済できなかったので、それだけ信用を失っているのです。このような扱いを受けてしまうと、個人の信用情報に金融事故の情報が登録されてしまい、簡単に融資を受けることができなくなってしまいます。信用情報からブラックの記録が消えるまでは、新たなローンを組むのは難しいでしょう。

 すぐに貸してくれるキャッシング会社でも、信用情報がブラックの顧客に対しては、時間をかけて審査するか、融資を断ることになります。金融ブラックでも、希望すれば即日融資が可能というキャッシング会社の宣伝を目にしますが、うまい話には裏があると思いたくなりますね。実際には即日融資は全くできないのですが、それでも基本は怪しいと思っておいた方がいいでしょう。

 キャッシング会社は、それぞれ独自の審査基準を持っています。そのため、会社によってはブラックであっても融資してくれる場合があります。しかし、ブラックな人に貸してしまうと、きちんと返済してくれない可能性が高いのは事実です。貸したお金を返してくれないかもしれない人にお金を貸すことは、金融会社にとっては損失になります。融資をするだけでは危険なので、損をしないように工夫しながら融資をするのが一般的です。

 そのため、ブラックな顧客にお金を貸すキャッシング会社は、違法な取り立てをしたり、高金利で貸し付けたりすることが多いのです。

当サイトはWordPress最強テーマを使用してます
最強テーマ「Diver」

アフィリエイト初心者でも最高のパフォーマンスを発揮するテーマ。当サイトはその「Diver」を使って作成しています。DiverであればSEO対策は万全!アフィリエイターでもブロガーでも関係なし。サイト回遊率、直帰率、再訪問率がアップします。比較的規模の大きいサイトにはうってつけのテーマになっています。設定もデザインも特別な知識無しで簡単作成できます。管理人のイチオシは「Diver」だけ!

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事