ローンを組む前にシミュレーションが大事

借り換えとシミュレーションについて

 現在借りているローンを他の金融機関に移す際には、シミュレーションをきちんと行うことが大切です。きちんとシミュレーションしてから借り換えを決めないと、後で後悔することになりかねません。状況によっては、借り換えをしてもメリットがなかったということもあります。借り換え先を間違わなければ、返済完了までの金額を減らすことができますし、月々の返済額を減らすこともできます。

 正しい借り換え先を選ぶことで、返済に必要な金額を減らすことができますが、計算ミスで返済に必要な金額が増えてしまう可能性もあります。適切なシミュレーションは、ローンの借り換えが自分にとって良いものかどうかを知るための基本です。借り換えのシミュレーションをする場合は、手数料の金額も忘れずに加えてください。たとえ金利の低いローンに借り換えられたとしても、借り換えのために支払う手数料を考えると、返済額は借り換えないほうがいいかもしれません。

 返済額を減らすことで、月々の返済負担を減らすことができますが、返済完了までに時間がかかってしまうと、利息が増えてしまいます。一度借りたら返済するまで同じ金融機関を利用しなければならないという決まりはありません。別の金融会社に返済できるように借り換えをするという選択肢もあります。

 借り換え先の金融機関の基準を満たし、審査に合格していれば、借り換え自体に問題はありません。

返済のシミュレーションで比較する方法とは

 ローンのシミュレーションができるように、自動計算に対応しているサイトもいろいろあります。新たなローンを申し込む際には、無理なく返済できるかどうかをシミュレーションして判断することが大切です。元金と金利がわかっていれば、だいたいのシミュレーションができます。ボーナスが出た月は多めに払いたいという人は、ボーナスの回数と金額を別々に入力します。給料が出た月でも通常通り返済する人もいます。

 返済までの期間を入力することで、月々の返済額や総返済額などを計算することができます。住宅ローンをシミュレートする場合は、金利タイプによって利息の計算が変わるので、それも入力します。金利タイプ、借入額、ボーナス月にいくら返済するか、いつ返済を終えるかなどをシミュレーションします。同じような条件で利息や総返済額をシミュレーションすることで、各社を比較しやすくなります。

 返済に余裕があるかどうかを知るためには、いくつかの条件を変えながらシミュレーションするとよいでしょう。借りたお金を返す前に金銭的な問題が発生した場合、ある程度は対処できるようにしておきたいものです。シミュレーション機能をうまく活用しながらローンを検討することで、自分にとって使いやすいローンを選び、ローン条件を検討する必要があります。

金利の差をシミュレーションで確認する

 原則として、借り入れには利息がつきます。借りた金額に、利息に応じた利子を加えて返済することになる。金利自体は各金融機関によって異なり、選択するローンによって総返済額が大きく異なることも珍しくありません。総返済額は、元金、金利、借入期間などから計算できますが、計算式は複雑です。そのため、ローンを利用する際には、金利だけで判断するのではなく、元金と金利から利息を計算して、返済可能かどうかを確認する必要があります。

 私が見た限りでは、金利にわずかな差しかなくても、実際に計算してみるとその差は大きくなることがありますので、シミュレーションは重要です。多くの金融機関では無料でシミュレーションを行っていますので、気軽に依頼してみてはいかがでしょうか。また、自分の返済範囲内での借入条件をシミュレーションで調べてみるのもいいでしょう。シミュレーションでは、適用金利、支払回数、ボーナス月などを計算します。

 まず、ローンを利用する際には、希望する条件を出し、その条件を満たすようにシミュレーションしてみましょう。また、インターネットのシミュレーションサイトには、簡単な計算ができるページもあります。無料で利用でき、ワンクリックでシミュレーション結果を出すことができる、とても便利なサービスです。返済シミュレーションができるサイトを利用すれば、総返済額を減らせる良いローンが見つかるはずです。

当サイトはWordPress最強テーマを使用してます
最強テーマ「Diver」

アフィリエイト初心者でも最高のパフォーマンスを発揮するテーマ。当サイトはその「Diver」を使って作成しています。DiverであればSEO対策は万全!アフィリエイターでもブロガーでも関係なし。サイト回遊率、直帰率、再訪問率がアップします。比較的規模の大きいサイトにはうってつけのテーマになっています。設定もデザインも特別な知識無しで簡単作成できます。管理人のイチオシは「Diver」だけ!

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事