ローンを組む時は試算がとても重要

金融機関のサイトを利用しよう

 ローンを利用する際には、事前に試算を行い、確実に返済できる金額の範囲内でお金を借りることが大切です。当初のローンでは、金利体系や返済時期などの計算に時間がかかりましたが、今はシミュレーションサイトが不便ですからね。年齢を重ねると、就職や結婚、子育てなど、思い切った買い物をすることがありますよね。自分の貯金では払えないような家や車を買いたいときは、ローンを使って購入資金を捻出します。

 住宅ローンは他のローンに比べて返済期間が長いので、将来の収入を見越して資産を作る必要があります。ローンの返済をシミュレーションする際には、借入額や金利だけでなく、月々の返済額やボーナス時の一時金なども加えて計算する必要があります。なかなか難しいローンの計算ですが、インターネット上のシミュレーションサイトを利用すればスムーズに計算することができます

 シミュレーションサイトは誰でも簡単に利用することができ、必要な項目を入力するだけで自動的に試算を行うことができるのでとても便利です。借入額、金利、毎月の返済額、総返済額など、希望する条件を入力すると、他の項目に自動的に数字が表示されます。シミュレーションサイトによっては、これ以上借入額を増やしたいかどうかを教えてくれるところもあります。借りられる金利は金融会社によって異なりますので、借りる前の情報収集はとても大切です。

 少しでもお得にローンを利用するために、各金融会社の借入条件を比較し、返済できるかどうかを借りる前に試算してみましょう

住宅ローンの試算について

 住宅ローンを組もうと思ったら、借り入れ前に完済できるかどうかをよく検討することが大切です。住宅ローンの見積もりをしようと思ったら、どんなことに気をつければよいのでしょうか。通常のローンと住宅ローンでは、諸費用や頭金など、いくつかの違いがあるからです。住宅ローンを組むことになったら、保証料がいくら発生するのかを調べておきましょう。

 予定通りの返済ができずに繰り上げ返還したり、他のローンに借り換えたりすると、保証料は返金されます。例えば、30年のローンを組んでいて、15年で返済できる場合は、保証料が返ってきます。ただし、住宅ローンの保証料は、完済時に全額戻ってくるわけではありません。これは、保証料が返済残高に対して支払われるからです。

 保証料以外にも、住宅ローンを利用する際には、どのような諸費用が必要になるのか確認しておくとよいでしょう。試算する際には、諸費用にも注意が必要です。諸費用とは、住宅ローンを借りる際に発生する様々な費用のことですが、返済が完了するまで金利が発生するため、見た目以上に出費がかさむことになります。ローンの試算をする際には、金融機関ごとに異なる諸費用を考慮してください。

 繰り上げ返済が完了した場合には、返金される費用もありますので、ある程度のパターンを想定して試算することが大切です。

自動車ローンはじっくり試算して決めよう

 新車を購入する際に自動車ローンを組む人は多いと思いますが、ディーラーから借りるローンと、金融機関から借りるローンとではどちらが良いのでしょうか。ローンの直接の窓口となるのは、自動車販売業を営んでいるディーラーかもしれません。担当営業であっても、他の自動車ローンの試算を十分にしてから判断することが大切です。

 販売店が勧めるローンは、申し込みや審査が通りやすい傾向にありますが、懸念されるのは設定されている金利が高い傾向にあることです。自動車ローンは大口の融資なので、少しの金利差でも大きな差が出てしまいます。カーディーラーによっては、ローンを利用することで、その後の車検やメンテナンスを有利に進めることができる場合があります。ディーラー用のローンを利用したお客様だけが、メンテナンス費用を節約できるケースもあります。

 一方、金融機関の自動車ローンでも、期間を区切ることで金利を下げたり、借りやすくしたりすることがあります。狙いは金利負担の少なさですが、平日の営業時間中に店舗に出向くこともあるので、日中仕事をしている人には契約が難しいかもしれません。家から出られない人でも、ネットキャッシングならいつでも融資を受けられます。そのため、自動車ローンを検討する際には、借りたローンの返済だけでなく、車検や維持費なども考慮する必要があります

 ディーラーローン、銀行ローン、信販会社のローンなど、それぞれ融資内容やサービスの質が異なりますので、一番使いやすそうなところを探してみましょう。

当サイトはWordPress最強テーマを使用してます
最強テーマ「Diver」

アフィリエイト初心者でも最高のパフォーマンスを発揮するテーマ。当サイトはその「Diver」を使って作成しています。DiverであればSEO対策は万全!アフィリエイターでもブロガーでも関係なし。サイト回遊率、直帰率、再訪問率がアップします。比較的規模の大きいサイトにはうってつけのテーマになっています。設定もデザインも特別な知識無しで簡単作成できます。管理人のイチオシは「Diver」だけ!

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事