キャッシングの法律に関する豆知識

法律改正による影響

 キャッシング関連法の改正は記憶に新しいところですが、実際にはどの程度の影響があったのでしょうか。キャッシング関連の法改正では問題が発生しましたが、結果的には儲かる部分も多かったと言われています。今回の法改正により、総量規制が始まり、ノンバンクキャッシングの貸出上限が年収の1/3になりました。過剰な借り入れを防ぎ、債務超過のトラブルを未然に防ぐことができます。

 長年キャッシングの契約をしている人の中には、多額の借り入れをする人もいますが、それはごく一部の人です。また、法改正により、金利の引き下げも容易になりました。利息制限法により、上限金利は20.0%となっています。かつての出資法の金利は29.2%が上限だったので、その差を考えると9%も低くなっていることになる。

 グレーゾーンの金利の数字が違法になった今、昔のキャッシング履歴を見ると、その高さに驚くことでしょう。低金利で融資を受ければ利息が減るので、金利のチェックはとても重要です。消費者金融というと金利が高いという印象がありますが、今は18.0%くらいで貸してくれます。一方、銀行は法改正の前後で金利に大きな差はなく、15%程度の融資を受けることができます。

限度額は法律によって決められている

 借りられる現金の額には法律上の制限があります。貸金業法という法律で、融資額は年収の3分の1までとなっています。これを総量規制といいます。1社からの借入額が年収の3分の1までだと誤解している人がいます。仮に総量規制が120万円で年収360万円の人がいたとしたら、どんな借り方になるでしょうか。年収から総量規制を計算する方法は、ほとんどの人が知っていると思いますが、もう一歩踏み込んで理解する必要があります。

 すでに他社から50万円を借りている場合、残りは50万円までしか借りられないということです。ただし、総量規制は貸金業法という法律で定められています。信用金庫や銀行は貸金業法の対象外なので、総量規制は適用されません。銀行法、信用金庫法は各金融会社の法律です。

 また、クレジットカードは、キャッシングカードとして利用する場合は貸金業法、ショッピングカードとして利用する場合は割賦販売法の適用を受けます。最近のクレジットカードにはキャッシング枠がありますが、その際には総量規制が適用されます。金融会社に申し込んで現金を貸してもらう場合は、法律の知識があると便利です。

法律に基づいた金利

 キャッシングの金利は法律で何%に制限されています。利息制限法の施行により、キャッシングの上限金利は20.0%となっていました。法律で定められている以上、以前のように29.2%でお金を借りることは困難です。違法業者の中には、法律とは関係なく、最初から独自の融資をしているところもあります。法律を無視して高金利で貸し出しても、ブログやネットには書かないでしょう。

 しっかりとしたキャッシング業者は、利息制限法の範囲内で貸し出しを行っています。銀行や消費者金融からお金を借りる場合、金利が10%以下に設定されているケースが多いようです。金利の低いローンが増えて、発生する利息が減っている。金融機関から融資を受けるときは、どうすれば利息を減らせるかを考えましょう。

 利息が膨らんでしまうと、返済の負担が終わりません。完済までに非常に長い時間がかかります。何らかの理由でキャッシングを利用することになったとしても、落ち着いて、まずは金利の低い会社を探しましょう

当サイトはWordPress最強テーマを使用してます
最強テーマ「Diver」

アフィリエイト初心者でも最高のパフォーマンスを発揮するテーマ。当サイトはその「Diver」を使って作成しています。DiverであればSEO対策は万全!アフィリエイターでもブロガーでも関係なし。サイト回遊率、直帰率、再訪問率がアップします。比較的規模の大きいサイトにはうってつけのテーマになっています。設定もデザインも特別な知識無しで簡単作成できます。管理人のイチオシは「Diver」だけ!

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事