学資保険だけじゃない?教育ローンのすすめ

国の教育ローンで学資を得るためには

 学校に行って勉強するためには、何らかの形でお金を準備しなければなりません。教育ローンはそのための一つの手段です。もっとも理想的な形は、入学金や授業料がいくら必要になるかをあらかじめ知っておき、それをコツコツと積み立てていくことです。お子さんが進学を希望していることがわかっていても、日々の生活が苦しいと、学資金としてお金を貯めることは難しいでしょう。お子さんが進学したいと思っていても、ご両親に余裕がない場合は、国の機関に教育ローンを申し込むのが良いでしょう。

 学費を捻出する方法はいろいろありますが、その一つに国の教育ローンがあります。これは、親が子供の教育資金を調達するためのローンで、日本政策金融公庫が扱う教育ローンです。このローンの条件は、金利が2%、融資額が350万円までとなっています。この教育ローンには、子供が一人の場合、世帯の年収が790万円以下でないと融資を受けられないなどの前提条件があります。

 教育ローンの利用条件は少し複雑ですが、融資審査の基準は民間金融機関の融資商品に比べて甘いといえます。公的な教育ローンの良いところは、民間の審査を通るのが少し難しい人でも、条件を満たせば融資を受けられる可能性が高いことです。教育ローンを希望される方は、銀行などの金融機関から申し込むことができますので、ぜひお問い合わせください。

 インターネットのホームページから教育ローンの申し込みができるようになったので、自宅で必要な手続きができるようになりました。

銀行で借りられる?学資ローン

 民間銀行の学費ローンは、奨学金や国の教育ローンが借りられない場合に有効です。金利は民間の方が若干高いですが、審査は国のローンに比べて厳しくありません。また、公的金融機関の学費ローンを受けるだけでは足りない場合、補償目的で利用することもできます。また、参考書の購入や県外に進学する際の生活費として利用できる学費ローンもあります。また、受験料や、制服やランドセルなどの学用品の購入にも対応していますので、子どもの教育に幅広く活用できます。

 学費ローンには、留学のためのお金や、寮に住むためのお金など、さまざまな用途があります。学費ローンを借りるには、収入証明書が必要です。アルバイトやパートで借りられるところも多いようですが、収入が少ないと申込時の審査に通らないこともあります。また、他の金融機関でローンを組んでいる場合は、審査結果に支障をきたすこともあります。

 多くの場合、親御さんはお子さんの教育費を確保するために学費ローンを申し込む傾向にあります。返済期間は銀行によって異なりますが、一般的には約3年が平均的なようです。学費ローンを借りる予定の方は、完済までの見通しを立てる必要があります。

学資を準備するために使えるサービス

 学費を上げなければならない場合、奨学金や教育ローンという選択肢があります。教育ローンは、民間の金融機関が提供する商品で、主に親などが子供のために学費を借りるという性質のものです。最初から使途が明確なため、審査も安く、金利も低く設定されている場合がほとんどです。比較的借りやすい学費ローンといっても、多額のお金を借りようとすれば、ある程度の信用が必要になります。

 また、ローンではなく、奨学金制度を利用してお金を借りることもできます。教育ローンは親が子供の学費を借りますが、奨学金は自分のものです。奨学金をローンとして利用する場合、無利子で返済できるタイプと、利子がつくタイプがあります。私立の教育ローンよりも金利が低く設定されていることが多いので、少ない負担で学費を準備することができます。

 なお、貸与型の奨学金を利用する際には、保証人を付ける必要があります。保証人は申請者の親御さんです。借りた奨学金は返済する義務がありますが、最終的に返済できない場合は、保証人が負担することになります。社会人になってから大学に入学し、学費が必要になった場合は、親を保証人にしなくてもお金を借りることができます

当サイトはWordPress最強テーマを使用してます
最強テーマ「Diver」

アフィリエイト初心者でも最高のパフォーマンスを発揮するテーマ。当サイトはその「Diver」を使って作成しています。DiverであればSEO対策は万全!アフィリエイターでもブロガーでも関係なし。サイト回遊率、直帰率、再訪問率がアップします。比較的規模の大きいサイトにはうってつけのテーマになっています。設定もデザインも特別な知識無しで簡単作成できます。管理人のイチオシは「Diver」だけ!

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事