中古車ローンについての豆知識

中古車を購入する時の頭金について

 中古車を購入する際に、どれくらいの頭金があればローンを組めるかはケースバイケースです。一般的には、購入したい中古車の金額の20~30%を頭金として用意できれば、ローンを組むことができます。中古車購入を目的としてローンを申し込む場合、金融会社が行う審査に合格できるかどうかがポイントになります。ローン審査に通りやすくするためには、頭金を多めに用意しておくとよいでしょう。

 中古車購入のためのローンでは、担保となる中古車の価値が新車に比べて低いため、ローンの審査が通りにくくなります。ただし、中古車でも新車と同等の価値があるものもありますので、ケースバイケースです。ローン申込書には、月収、現在の会社に何年勤めているか、個人の信用情報に問題がないかなどを記入します。今のスペックではローン審査に通るのが難しいという場合は、頭金を多めに用意しておくとうまくいくかもしれません。

 審査に合格してお金を借りれば、サービスは終了しませんが、今度はきちんと返します。ローンの利息は毎日増えていきますので、いつまでも借り続けていると結果的に利息が増えてしまいます。毎日少しずつなので放置しがちですが、計算し直してみると利息が多すぎることもあります。

 中古車を購入するためにローンを利用する場合は、必ず利息がいくらになるのか計算して申し込むようにしましょう。

中古車ローンの金利に注意

 中古車は安いからという理由で購入する傾向にある人が少なからずいるようです。新車を買うよりも、状態の良い中古車を買った方が安いですから、中古車を買いたい人が多いのもわかります。しかし、中古車は価格がリーズナブルなので、中古車ローンを利用して車を購入する人も少なくありません。

 新車に近い新古車もありますし、中古車も状態の良いものが多く、それを購入する人も多いですね。新車の販売価格と比べると、中古車はとても安く売られていると思いがちです。新車に比べれば安いとはいえ、その場で決済できるほどではなく、場合によってはローンが必要になります。ローンを組むと何%の金利になるのか、事前に確認しておきましょう

 新車よりも安いから中古車を買おうと思っても、ローンの金利を加えると新車よりも高くなってしまうことがあります。新車を買うときはカーディーラーで買うことが多いので、ディーラーで紹介されるカーローンは中古車のローンとは異なります。新車購入時のローンは、自動車メーカーとして有名な企業の系列の金融会社なので、融資条件の良いものが多いようです。新車は低金利でローンを組めることが多いので、中古車をローンで購入すると、結果的に新車を購入したときと同じ費用になることがあります

 新車と中古車のどちらを買うにしても、最終的な支払額はどちらが安いのかを計算してから進めるようにしましょう。

審査のポイント

 中古車ローンは、申込時の審査が厳しいと言われることがあります。中古車は、新車のローンを組むときと違って、評価額を炊きすぎなければならないので、担保価値が小さいのです。中古車の中には新車並みの高値で取引されているものもあるので、中古車だからといって必ずしも担保として安いわけではありません。中古車ローンの審査では、現在の会社に何年勤めているか、年収はいくらかが重要です。審査で有利になるのは、勤続年数が長く、年収が高い人です。

 また、同じような条件であれば、収入が安定している正社員の方が有利になります。中古車のローンを組みたいけど年収が高くない、今の会社に勤めて1年未満という人は、頭金を増やしておくとローン審査が有利になります。極端な話ですが、200万円の中古車を買って、頭金を180万円にすれば、ほとんどの場合、審査に通ります。

 審査をクリアできるかどうかわからない場合は、頭金を追加することで審査のデメリットをフォローすることができます。信用情報に不備があった場合、銀行の中古車ローンに申し込めないことがあります。個人信用情報のブラックリストに載っているかどうかはわかりませんが、一般的には車屋さんが勧める中古車ローンは審査に落ちにくいようです。キャッシングの延滞履歴があると、それがある限り不利になりますので、必ず期限内に返済するようにしましょう。

 キャッシングを利用するにしても、決まった日にしっかり返しておけば、後で新たにローンを利用したいときにスムーズにいきます。

当サイトはWordPress最強テーマを使用してます
最強テーマ「Diver」

アフィリエイト初心者でも最高のパフォーマンスを発揮するテーマ。当サイトはその「Diver」を使って作成しています。DiverであればSEO対策は万全!アフィリエイターでもブロガーでも関係なし。サイト回遊率、直帰率、再訪問率がアップします。比較的規模の大きいサイトにはうってつけのテーマになっています。設定もデザインも特別な知識無しで簡単作成できます。管理人のイチオシは「Diver」だけ!

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事