ローンの担保や返済の遅れについて

申込時に必要になる担保とは

 多額のローンを組むなら、担保を用意するといい。融資を申し込む際に必要となる担保は、借りたお金が何らかの理由で返済できなくなった場合に、代替となる返済方法です。担保には、物的担保と人的担保という種類があります。保証人や連帯債務者は人的担保で、不動産や有価証券は物的担保です。何らかの理由で返済が困難になった場合、物的担保が売却費用を負担してくれます

 つまり、住宅ローンの返済がストップしても、住宅ローンを担保にして売却することができるのです。個人担保とは異なり、担保に取った財産が逃げないというメリットがあります。評価額の高い担保を利用すれば、借入限度額が高くなり、低金利で借りられ、長期のローンを組むことができます。すべての物件が担保として使えるわけではなく、融資審査の際には担保物件も評価され、それに見合った範囲で融資が行われます。

 家を新築するときに物的担保が使いやすいのは、土地や建物は借金の回収がしやすいからだ。しかし、担保を調べて契約を結ぶのはなかなか難しいので、高額なローン会社との取引の時だけ使います。また、教育ローンを利用するときや、一般のローンの返済目的で利用することもあります。

返済遅れのリスクについて

 ローンを組んだものの、返済が追いつかない場合はどうすればいいのでしょうか?ローンは期限内に返済しなければならないことは誰でも知っています。返済したい気持ちがあっても、今度は返済するためのお金がないという人もいます。どのような立場の人であっても、返済を遅らせると記録が残ってしまいます

 誰もがうっかり1日や2日は返済を忘れてしまうものですが、長期の遅延は問題を悪化させます。1週間以上遅れる人は、すでに返済できない状態になっていることが多いのです。返済しなければならない日までに支払いができなければ、相応の延滞損害金を支払わなければなりません。延滞損害金は利息に上乗せされますので、通常よりも多くの金額を支払わなければなりません

 借りたお金を当初の約束の日に返せば、返済額は高額になります。事前に試算をして、期日通りに返済できるように見通しを立てておきましょう。長期間の遅延は融資をストップさせ、将来的に融資枠を増やしたいと思っても利用できなくなります。住宅ローンの返済を遅らせることにメリットはありませんので、無理のない範囲で借りるようにしましょう。

当サイトはWordPress最強テーマを使用してます
最強テーマ「Diver」

アフィリエイト初心者でも最高のパフォーマンスを発揮するテーマ。当サイトはその「Diver」を使って作成しています。DiverであればSEO対策は万全!アフィリエイターでもブロガーでも関係なし。サイト回遊率、直帰率、再訪問率がアップします。比較的規模の大きいサイトにはうってつけのテーマになっています。設定もデザインも特別な知識無しで簡単作成できます。管理人のイチオシは「Diver」だけ!

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事