クレジットカードの審査についての豆知識

審査に落ちる理由とは

 クレジットカードでのお申し込みの場合、審査の段階でお断りする可能性があります。入会申込書には、氏名、生年月日、住所などの個人情報を記入する必要がありますが、正確に記入することが大切です。申し込みをした人の収入額は重要な審査ポイントとなるため、勤務先の情報は必ず記入します。クレジットカードの審査に落ちる可能性として、勤務先への在籍確認ができなかったことが挙げられます。

 ほとんどの金融機関では、クレジットカードの審査では、勤務先の会社に電話をかけるなどして、本人の在籍確認を行っています。審査の際に勤務先に電話をしたとしても、申込者と同姓同名の社員がいないことが確認できれば、審査に通らない可能性があります。お勤め先の会社に在籍していない場合、お申し込み時の申告通りの収入があるかどうかは保証できません。

 収入がないことも審査落ちの大きな要因ですが、申し込み内容が実際のものと異なることも評価を下げる大きな要因となります。クレジットカードを申し込む際には、あまりにも実際とかけ離れた情報を入力することはおすすめできません。また、他の金融会社から多額の借り入れをしていたり、返済が滞っていたりする場合も、クレジットカードの審査に落ちてしまう原因として考えられます。クレジットカードの審査では、申込者の個人情報から年収やお金の使い方などを予測し、返済能力があるかどうかを判断します。

 他の金融商品を利用しながら、新たにクレジットカードを作ろうとすると、並行して利用している金融商品があるため、審査に不利になります。

審査の基準について

 以前は正社員でなければカードローンの審査に通らなかったのですが、最近はアルバイトやパートでもローンが組めるようになりました。逆に、正社員として働いていて安定した収入があるにもかかわらず、クレジットカードの審査に落ちたという話も聞きます。クレジットカードには、審査に通りやすい順に、ノーマル、クラシック、ゴールド、プラチナという段階があります。ノーマルやクラシックでクレジットカードを持っている人でも、収入の多寡によっては非正規雇用の人でも審査に通ることがあります。

 長年、正社員として働いていて、クレジットカードを発行していない場合、審査に問題があるのでは?個人の信用情報に何らかの問題があると判断されると、正社員として収入がある人でも審査に通らないことがあります。以前、キャッシングや住宅ローンを利用した際に、返済が遅れたり、返済できなかったりすると、新たな金融サービスの利用が難しくなります。

 返済できずに自己破産などの債務整理をした人は、高確率でクレジットカードを作れません。年収が高くても、毎月一定の収入があっても、支払いを遅らせたことがある人は、信用できない人だと思われます。キャッシャーからすれば、十分な収入を得ていない人よりも、貸したお金を返そうとしない人のほうが問題です。お客さまとしては、たくさん稼いでいるかどうかよりも、きちんと返してくれるかどうかが重要です。

 クレジットカードの審査では、個人信用情報に記録が残っている範囲しか見ませんので、キャッシングの延滞があっても、延滞記録が消えるまで数年待っていれば問題ありません。

審査に通るために工夫すべきポイント

 クレジットカードの審査は、初めて金融機関から融資を受ける際に必ず必要となるものです。審査の具体的な評価項目は金融機関ごとに異なり、確実に成功する方法はありません。目安としては、クレジットカードの審査を成功させるために押さえておきたいポイントがあります。審査を受ける際には、クレジットカードの申込書を空白なく正確に記入することが、審査で良い結果を得るためには重要です。

 なぜなら、金融機関は審査に使える情報量ができるだけ多いほうが、より詳細な評価ができるからです。年収や勤続年数などの小さな数字は、問題が起こらないように少しでも良いように解釈して書く人もいます。実際の数字と大きく違うと問題になりますが、解釈が違えば数字を増やすことができます。年収が280万円なら300万円と書いたり、勤続年数4年8カ月を5年と書いたりします。

 嘘を書くのは問題ですが、事実を好意的に解釈すれば、審査ではプラスになります。やりすぎるのは論外ですが、少し膨らませた方がクレジットカードの審査が有利になることも多いです。ただし、実際の数字と全く違う内容を入力してしまうと、審査で良い結果が出ないこともありますので、ご注意ください。また、クレジットカードの審査で評価が高くなりがちな方法として、「給与天引きに使っている銀行のクレジットカードを使う」という方法があります。

当サイトはWordPress最強テーマを使用してます
最強テーマ「Diver」

アフィリエイト初心者でも最高のパフォーマンスを発揮するテーマ。当サイトはその「Diver」を使って作成しています。DiverであればSEO対策は万全!アフィリエイターでもブロガーでも関係なし。サイト回遊率、直帰率、再訪問率がアップします。比較的規模の大きいサイトにはうってつけのテーマになっています。設定もデザインも特別な知識無しで簡単作成できます。管理人のイチオシは「Diver」だけ!

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事