キャッシングの審査が通らない理由とは

なかなか審査に通過できない人とは

 キャッシングの審査がOKになるかどうかは、返済の見込みがあるかどうかで決まります。審査で断られるということは、返済能力がないと判断されます。150万円の融資を希望していても、審査の結果、返済能力が100万円程度だと判断されれば、100万円までしか融資できないのです。

 ただし、キャッシング審査の概要は企業秘密であり、返済能力があっても落とされる可能性があります。キャッシングの申し込みで審査に通らない理由は、過去の遅延や債務整理など様々です。審査に通らない主な理由は、「融資を受けたものの、きちんと返済できていない人」です。債務整理を行った場合、5年間は新規のキャッシングができなくなります。

 結果的に、いくら審査を通過したとしても、融資を受けることはできないということになります。たまに、債務整理をしてから4年しか経っていないのにローンを組めたという人がいますが、これは例外です。審査に合格するためには、審査で評価が悪くなりそうな場面を排除することが必要です。具体的には、事前に家計診断や返済シミュレーションを行い、借入額を1万円でもいいから減らす。

 必要な金額が小さければ小さいほど、希望金額も小さくなるので審査に通りやすくなります。当然、希望額が大きければ大きいほど、審査は難しくなります。金融機関は審査に落ちた理由を教えてくれませんから、推測して次回に活かすしかありません。

審査が不安な人は事前に内容を徹底確認しよう

 消費者金融会社が提供するキャッシングは、複雑な手続きなしにお金を借りることができます。新しい申込者が来ると、金融会社はその人にどれだけの返済能力があるかを審査します。融資をする前に審査をする理由は、貸したお金をきちんと返してくれる人かどうかを判断するためです。キャッシングを初めてする人は、審査の結果でキャッシュできるかどうかが決まると聞いて、覚悟を決めているかもしれません。

 審査のポイントを知っていれば、ある程度は安心できるのではないでしょうか。キャッシング審査の対象となる項目は、氏名、連絡先、年齢、性別などの基本項目のほか、勤務先、勤続年数、年収などがあります。最近では、スコアリングと呼ばれるコンピュータを使った審査方法が一般的で、各項目の合計を評価します。審査の際には、年齢や年収などの基本的な条件を満たしているかどうかを判断するケースが多いようです。

 また、審査では、過去数年間のキャッシング履歴や、他の金融機関からの借り入れの有無なども確認されます。以前にキャッシングを利用したことがあれば、返済が遅れていないか、債務整理をしていないかなども審査で確認されます。年収の3分の1以上というのは、消費者金融が貸せる金額の上限であることを覚えておきましょう。それ以上の借り入れを希望する場合でも、審査の段階で断られるだけです。

 キャッシングの手続きをするときに、どんな審査が行われるのかを大まかに知っておくことで、融資の流れを予測することができます。

当サイトはWordPress最強テーマを使用してます
最強テーマ「Diver」

アフィリエイト初心者でも最高のパフォーマンスを発揮するテーマ。当サイトはその「Diver」を使って作成しています。DiverであればSEO対策は万全!アフィリエイターでもブロガーでも関係なし。サイト回遊率、直帰率、再訪問率がアップします。比較的規模の大きいサイトにはうってつけのテーマになっています。設定もデザインも特別な知識無しで簡単作成できます。管理人のイチオシは「Diver」だけ!

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事