ローンの審査について知っておきたいこと

確認される項目について

 融資を申し込むと必ず審査が行われますが、場合によっては審査に落ちることもあります。審査に通ることができればローンを組むことができますし、審査に通らなければローンを組むことはできません。融資の審査では、さまざまな項目がチェックされます。

 金融機関がローン審査でチェックするのは、「一定の勤続年数があること」と「年収があること」だと思っている人が多いようです。融資する金融機関は、申込者が融資したお金をきちんと返済してくれるかどうかをチェックします。融資審査で年収を重視するのは、そもそも収入がなければお金を返せないからだ。また、申し込んだ人が大手企業であるかどうか、倒産の可能性があるかどうかも重要なポイントです。

 金融会社によっては、健康保険をきちんと払っているかどうかを返済能力との関連で考えるところもあります。大手企業の健康保険組合に加入している人は、融資審査に通りやすいようです。病気になったり、ケガをしたりすると、医療費は健康保険でカバーしてもらえますが、国民健康保険は払わなければなりません。これは、大企業の健康保険は給与から強制的に天引きされ、医療費もカバーされているため、返済の妨げになりにくいと判断されるためです。

 盲点になりがちな健康保険ですが、重要視されているといいます。これに加えて、他社のローンを借りていたり、過去に延滞経験があったりすることにも注意が必要です。

審査期間は目的により異なる

 審査がOKでなければ融資は利用できませんが、審査にかける時間は金融機関によってまちまちです。金融機関によっては審査期間の短さを売りにしているところもありますので、どのくらいの期間で借りられるのか気になるところです。金融サービスを扱う金融機関は、銀行からキャッシングまでたくさんあります。どんなローン商品を申し込んでも審査があり、無事に通過しなければお金を借りることはできません。

 銀行などの貸金業では、融資を受けるために審査が必要なのが一般的です。ローン商品は大きく分けて、目的別ローンと多目的ローンと呼ばれるものがあります。目的別ローンは、マイカーや住宅など購入したいものがはっきりしていて、そのためにローンを借りたい場合に利用されます。一方、多目的ローンは借りたお金を原則として自由に使うことができるので、何にでも使えます。

 一度に融資できる金額は目的ローンの方が大きいので、多額の融資を希望することができます。多目的ローンは、比較的少額のお金を手軽に早く借りるのに適した商品として作られています。目的型ローンは、審査結果が出るまでしばらく待ちますが、多目的型ローンは早いです。目的別ローンでは、融資額、金利ともに多目的より有利なローンを組むことができますが、その代償として、より慎重な審査が必要となり、期間も長くなります

最も審査で重要視されるのは年収?

 新たにローンを申し込む場合、審査を受けてOKが出なければ誰も利用することができません。金融会社ごとに審査内容は異なりますが、最も重要な項目の一つがその人の年収です。審査の状況は以前とは異なります。カードローンやキャッシングが登場しているからです。以前は年収の額をまず審査で確認していましたが、今はそうではありません。審査の内容が変わったのは、融資条件が変わったからです。

 特に、キャッシングサービスでは10万円以下の融資が登場しています。年収150万円程度で、必ずしも高額取得者ではない人でも、10万円から20万円程度の限度額の融資であれば、返済に支障はないと判断できます。大きな金額を貸す場合には、年収が高く安定しているかどうかを審査で確認する必要があります。金融会社が行う融資審査では、年収だけでなく、勤続年数や雇用形態なども重視されることがあります。

 人によっては、たまたま去年の年収が高かったということもあるでしょう。自営業の方や、現在勤めている会社の勤続年数が1年未満の方は、住宅ローン審査ではマイナス要因となります。また、これまで利用してきた金融商品で返済トラブルを起こしたことがないかどうかも重要です。返済が遅れたことがある方は、再び返済が遅れる可能性があると判断され、審査をお断りする場合があります。

当サイトはWordPress最強テーマを使用してます
最強テーマ「Diver」

アフィリエイト初心者でも最高のパフォーマンスを発揮するテーマ。当サイトはその「Diver」を使って作成しています。DiverであればSEO対策は万全!アフィリエイターでもブロガーでも関係なし。サイト回遊率、直帰率、再訪問率がアップします。比較的規模の大きいサイトにはうってつけのテーマになっています。設定もデザインも特別な知識無しで簡単作成できます。管理人のイチオシは「Diver」だけ!

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事