住宅ローンの税金控除についての豆知識

住宅ローンにおける税金の控除について

 住宅ローン控除は、住宅ローンを組むときに知っておくべきことですが、理解していない人も多いようです。住宅ローン控除とは、住宅ローンを組むと、その年から一部の税金が控除されるというものです。会社にお勤めの方は、年末調整は会社が行いますので、基本的には税金の控除などの確定申告はしなくてもよいのです。

 これまでは、会社が年末調整という形で行っていた税金の調整は、確定申告まで行わなければなりませんでした。控除を受けるためには一定の条件が必要ですが、住宅ローンの支払額の一部を所得から差し引くことになります。住宅ローン控除を受けるためには、単に建物を建てるだけではなく、自分で生活をし、10年以上のローンを組む必要があります。控除額は住宅ローンの借入金額によって異なりますので、人によって条件が異なります。

 新しい住宅ローンを始めた年末に、ローン残高の一部を計算して、その1%が控除額になります。ただし、税務署が行う毎年の確定申告の際に、住宅ローン控除の申告をしていないと、税金の控除が受けられません。税務署に確定申告に行く際には、確定申告書と一緒に、登記簿謄本、不動産売買契約書の写し、ローン残高を証明する書類などを提出する必要があります。サラリーマンの場合、通常は会社が一括して手続きをしてくれるので、税務署に行ったことがある人は少ないのではないでしょうか。

 住宅ローン控除を受けるために確定申告をする場合は、必要な書類だけを持って税務署に行くのが良いでしょう。

控除の対象金額と還付金の計算方法

 これから住宅ローンを組む人にとっては、住宅ローン控除がいくらなのかは気になるところでしょう。住宅ローン控除について、金額や手続きなど詳しい情報を知っている人は少ないようです。住宅ローン控除は、新築住宅の購入時や増改築のために住宅ローンを組んだ人に適用されます。住宅ローンを組んで、買った家に住み始めてから10年から15年の間、所得税から控除することができます。

 住宅ローン控除を利用して還付を受ける場合は、還付を受けるために必要な手続きを行うことで、還付金を受け取ることができます。差額は、一度支払った金額との差額として計算されます。そのため、意識していないと税金を取られてしまいます。住宅ローンを組んだ年の年末に、返済残高がいくら残っているかを確認して、住宅ローン控除額を決めましょう。最終的な控除額は、基準額の0.5%~1.0%です。割合は住んでいる年によって異なります。

 住宅ローン控除には上限額があります。いくら借りても上限額を超えることはありません。なお、計算した金額が上限を超えても、それ以上は控除されません。なお、最終的に住宅ローン控除額を計算したときに、源泉徴収税額を超えていた場合は、還付されることがあると言われています。住宅ローン控除額とその年の源泉徴収税額との比較により、一定の税額が還付される場合があることをお忘れなく。

住宅ローン控除の制度について

 家を買うときにはほとんどの人がローンを組むと思いますが、住宅ローンを組むときには、住宅ローン控除を意識しましょう。新居を購入する際に住宅ローンを利用することになっても、住宅ローン控除を知らなければ、気づかないうちに損をしてしまいます。住宅ローン控除の制度があるのは、ローンを返済しやすいようにバックアップするためです。

 住宅ローン控除は所得税の控除であり、適用額はその年の住宅ローンの残高と住宅取得のための低額な対価の1%です。所得税を全額控除してもまだ余る場合は、住民税から一部控除することができる制度で、支払う税金を減らすことができます。買った家に住み始めた年から計算を開始し、住宅ローンの残高を確認すると、金額に上限があります。

 いつ買ったかによって、控除額が大きく変わってきますので、事前に確認する必要があります。現在、住宅ローンの控除額は400万円までですが、2014年までは200万円に設定されています。その理由は、2014年に消費税率が引き上げられ、住宅ローン控除の制度も変わったからです。確定申告書を作成して提出しなければならないので、書類作成には十分な知識が必要です。

 確定申告が終わるまでは煩わしいと感じる人もいるかもしれませんが、場合によっては住民税が安くなるのでお得になることもあります。住宅ローンを差し引いて住民税や所得税が安くなるのであれば、きっと住民税や所得税の支払いが楽になるはずです。

当サイトはWordPress最強テーマを使用してます
最強テーマ「Diver」

アフィリエイト初心者でも最高のパフォーマンスを発揮するテーマ。当サイトはその「Diver」を使って作成しています。DiverであればSEO対策は万全!アフィリエイターでもブロガーでも関係なし。サイト回遊率、直帰率、再訪問率がアップします。比較的規模の大きいサイトにはうってつけのテーマになっています。設定もデザインも特別な知識無しで簡単作成できます。管理人のイチオシは「Diver」だけ!

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事