公共料金はクレジットカード払いがおすすめ

おすすめの理由

 公共料金の支払いをクレジットカードで行うことも一般的になってきました。今では、クレジットカードを持っていることが当たり前になってきていて、不便なこともあります。わざわざ現金を持ち歩かなくても、クレジットカードを持っていれば、日々の買い物に支障はありません。多くのクレジットカードにはポイント特典がついており、プレゼントや商品券に交換することができます。

 また、クレジットカードのポイントを電子マネーに交換できるものもあり、工夫しようと思えばとても便利です。公共料金は毎月必ず一定額が発生しますので、クレジットカードで支払うとポイントが多く貯まります。しかし、公共料金をクレジットカードで支払うように設定しておけば、数ヶ月でカードにポイントが貯まります。また、国民健康保険や社会保険、インターネットプロバイダーの利用料なども、クレジットカードで支払うことができます。

 また、家族カードを利用すれば、各家庭で利用したクレジットカードのポイントを集計することができます。普段からクレジットカードを使い慣れている方以外は、年会費のかからないタイプのクレジットカードを利用するのがよいでしょう。クレジットカードの中には、その年にまったくカードで支払いをしていなくても、年会費が発生するものがあります。

 年会費のかからないタイプのクレジットカードを選び、公共料金をそのカードで支払うことで、お金をかけずにエントリーできるポイント数を増やすことができます。

公共料金をカード払いにするデメリットは

 この頃、公共料金もクレジットカードで支払えるようになりました。住んでいる自治体によって、クレジットカードが使えるかどうかを確認しておきましょう。クレジットカードのポイントを貯めると、毎月支払っている公共料金がピッタリになります。クレジットカードの普及で使える場所が増えたことで、公共料金の支払いも可能になりました。公共料金をクレジットカードで支払えば、簡単にポイントが貯まることをご存知の方も多いと思います。

 クレジットカード決済の内容を見ると、メリットだけでなくデメリットもありますので、事前に確認しておく必要があります。公共料金の支払いは、クレジットカード払いと弱点の両方を意識することが大切です。多くの公共料金では、口座振替にすると、料金が割引になるというメリットがあります。これは、口座振替をしたときだけ、一定のレートでお金が引き落とされる仕組みです。

 金額的には大したことはなく、50円や100円程度のものが多いので、見落としがちですが、割引サービスには違いありません。クレジットカードで支払ってポイントを得るのか、口座振替で支払額を減らすのか、ちょっと比較が難しいですが、大事なことですね。公共料金をクレジットカードで支払う場合、口座振替の割引の方が有利だったということもありますので、事前にしっかりと比較しておくことをおすすめします。

カード払いでポイントを得る方法

 最近では、公共料金をクレジットカードで支払うことができるようになってきました。普段、公共料金を現金で支払っている方もいらっしゃると思います。口座を指定して引き落としてもらったり、コンビニエンスストアで支払ったりと、人によって様々な支払い方法があると思います。コンビニ払いや口座からの引き落としの場合、クレジットカードのポイントは付与されません。

 一方、クレジットカードの場合は、一括払いに設定することで、金額に応じてポイントを加算することができます。もちろん、リボ払いでもポイントは加算されますが、ショッピング利息がかかってしまうので、あまりおすすめできません。公共料金をクレジットカードで支払えば、クレジットカードのポイントが貯まるので、カードの使い方としてはお得だと言えます。利用金額に応じて付与されるポイントは、商品券や商品と交換することができるので、とても便利です。

 ある程度ポイントが貯まったら、そのポイントを使ったサービスを利用すれば、お得感があって嬉しいですよね。この段階では、公共料金を手払いや口座からの引き落としにしている方には、クレジットカード払いがおすすめです。クレジットカードでの支払いが可能かどうかは、住んでいる自治体によって異なりますので、まずは確認してみましょう。光熱費は定期的に支払わなければならないものなので、1年間でお得になるはずです。

当サイトはWordPress最強テーマを使用してます
最強テーマ「Diver」

アフィリエイト初心者でも最高のパフォーマンスを発揮するテーマ。当サイトはその「Diver」を使って作成しています。DiverであればSEO対策は万全!アフィリエイターでもブロガーでも関係なし。サイト回遊率、直帰率、再訪問率がアップします。比較的規模の大きいサイトにはうってつけのテーマになっています。設定もデザインも特別な知識無しで簡単作成できます。管理人のイチオシは「Diver」だけ!

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事