自動車税をクレジットカードで払う

カード払いする時のメリットデメリット

 最近では、クレジットカードの存在が身近になり、自動車税の支払いにクレジットカードが使えるようになりました。住んでいる自治体によって違いはありますが、自動車税をクレジットカードで支払える地域は増えてきています。自動車税をクレジットカードで支払うことを検討している方は、クレジットカードを使うことのメリットとデメリットを知っておく必要があります。

 クレジットカードを利用すれば、自動車税の支払いにかかる時間や交通費を削減することができます。ポイントサービスのあるクレジットカードを利用すれば、自動車税の支払いでもポイントが貯まります。また、支払期限に現金がなくても支払えるので、多額の現金を持ち歩かなくてもよいというメリットもあります。自動車税をクレジットカードで支払うとデメリットもあることを知った上で、クレジットカードで支払うかどうかを決めるのが良いと思います。

 支払う金額や自治体によっても異なりますが、最大のデメリットは100円前後の手数料がかかることです。まず何よりも、クレジットカードでの支払いは、その可能性がゼロではないという点で、個人情報が漏れるリスクがあります。支払う金額が高額な場合は、クレジットカードで支払うことで高いポイントを得ることができます。手数料とクレジットカードのポイント、どちらを得るかを考える必要があります。

 クレジットカード決済による情報漏洩のデメリットと、ポイントの価値や手続きの利便性などのメリットを考慮して検討する必要があります。

意外と知らないクレジットカードで納付可能

 クレジットカードには、使えば使うほどポイントが貯まるタイプのものがあります。ショッピングやサービスを受ける際に、クレジットカードを利用する機会が増えています。公共料金などもクレジットカードで支払えるのでとても便利です。

 車を所有していると、ガソリン代だけでなく、維持費や修理費も必要になります。自動車を購入した際の重量税、自動車税、取得税などを含めると、支払う税金の額は相当なものになります。車を維持するために必要な費用のうち、自動車税などの税金は毎年欠かすことができません。自動車税をクレジットカードで支払う場合は、各都道府県の自治体の受け取り方によります。

 車検の場合は、維持費のほかに重量税や保険料などを支払う必要があります。車検時の支払い方法は自動車整備工場ごとに異なりますが、最近ではクレジットカードが使えるところも多いようです。車検費用をクレジットカードで支払う場合、全額カート払いに対応している場合と、法定費用を除いた整備費用のみをクレジットカードで支払える場合があります。クレジットカードで支払う場合、クレジットカード利用時の手数料はお店側が負担しなければなりませんので、法定費用のみを除外するところがあります。

 車を所有していると必ず発生する税金をクレジットカードで支払えるとポイントが貯まるのでおすすめです。

支払い方法について

 自動車を所有していると、自動車税を支払わなければなりません。すべての税金に言えることですが、本来払わなければならない税金を払わないでいると、大変なことになってしまいます。自動車税は1年に1回必ず支払うものですが、ついつい忘れてしまう人もいると思います。ひと昔前までは、自動車税の支払い方法は、口座振替かコンビニエンスストアでの支払いしかありませんでした。

 しかし近年では、自動車税をクレジットカードで支払う方もいらっしゃいます。コンビニエンスストア以外の自動車税納付窓口でクレジットカード納付を申し込むと、現時点では問題なく処理されるようです。また、クレジットカードで支払いをすると、ポイント特典のあるカードであれば、ポイントを貯めることができます。

 地域によっては、自動車税の支払いに使えるクレジットカードの種類が決まっているところもありますので、確認が必要です。基本的には、クレジットカードで支払うと手数料がかかりますので、現金で支払うよりも金額が大きくなります。自動車税をクレジットカードで支払うと、手数料がかからないところもあるようです。インターネットでクレジットカード払いができるところもあるようですが、その場合は納税通知書が必要です。

 自動車税のクレジットカード払いの利用者は、今後も増えていくと言われています。

当サイトはWordPress最強テーマを使用してます
最強テーマ「Diver」

アフィリエイト初心者でも最高のパフォーマンスを発揮するテーマ。当サイトはその「Diver」を使って作成しています。DiverであればSEO対策は万全!アフィリエイターでもブロガーでも関係なし。サイト回遊率、直帰率、再訪問率がアップします。比較的規模の大きいサイトにはうってつけのテーマになっています。設定もデザインも特別な知識無しで簡単作成できます。管理人のイチオシは「Diver」だけ!

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事