借金(ローン)返済の際知っておきたいポイント

固定金利と変動金利について

 一般的に、少額の借入の場合は、固定金利での融資となります。一方、借入額が大きくなってくると、変動金利での融資となることが多いようです。固定金利のローンと変動金利のローンの違いは何ですか?固定金利の場合、返済中に金利が変動しないため、返済額の見通しが立てやすいというメリットがあります。

 しかし、状況によっては、変動金利にした方が返済しやすい場合もあります。確かに、金利が変わらず固定されているというのは、安心できる部分でもありますね。全体的に見ると、固定金利よりも変動金利の方が低いケースが多いように感じます。景気の急激な変化で金利が上がることはありますが、金利はそれほど急には上がりません。

 一度に多額のお金を借りなければならないようなローンでは、変動金利の方がさらに有利になります。リスクがあればあるほど、結果は良くなります。リスクを回避すれば、利益は減少します。金融リスクを取れば返済額が減る可能性がありますし、リスクを取れば返済額が増えることになります。消費者金融は固定金利が多く、銀行は固定金利と変動金利の両方を用意していることが多いようです。

金利は必ず確認する

 実質年率では、何%の利息でローンを借りられるのかを確認することができます。住宅ローンの利息がどれくらいなのかを知ることはとても重要です。多くの金融会社では、金利が4.5%~17.5%といったように、下限と上限の幅が非常に広く設定されています。なぜ一律ではないかというと、ローンの残高によって金利が変わるからです。

 金利が低くなるケースは、借入額が多い場合に限られるようです。金利15.0%以下のローンを組もうと思ったら、最低でも100万円以上の借入が必要です。金融会社によっては、限度額ごとの金利を表示して貸し出し条件を明確にしているところもあります。100万円を14.5%、150万円を12.0%と細分化して表示するとわかりやすいでしょう。

 どのくらいの金利でどのくらいの金額を返済するのかを知ることで、利息を知ることができます。多くの消費者ローンでは、申込書の審査が終わるまで金利は不明です。銀行が貸し出すローンの中には、融資額ごとに金利が記載されているものがあり、審査を受けなくても見つけられる場合があります。借りたお金を返せなくなることのないように、利用する際には金利を確認しましょう

金利を徹底比較する

 ローンを選ぶ上で、金利の低いところを選ぶのは重要なポイントだと言われています。ローンランキングサイトでは、各金融会社のローン金利や利用限度額、審査スピードなどを調べることができます。各金融会社が取り扱っているローンの内容を検索することで、金利や限度額などから候補を抽出することができます。ローンから融資を受けたいが、キャッシング経験がなく、どの金融会社を利用すればいいのかわからないという人もいるだろう。

 まず注意したいのは、何%の金利でローンを組めるかということです。金利とは、返済時にどれだけの利息がつくかを計算する基準です。利用限度額が借りたい金額以上であれば、問題はありません。多くの金融会社では利用限度額を500万円に設定していますが、そのような多額の融資は受けていないと言えます。法律では、金融会社から500万円を借りるには、年収の3倍の収入が必要とされている。

 同日から融資が決まるまで3日ほどかかるので、それほど大きな差はないと考えていいだろう。この頃になると、銀行の融資も審査が早くなり、スピード融資が受けられるようになります。金利は低ければ低いほどいいので、低金利を目指してみてはいかがでしょうか。

返済は繰り上げしたほうがやっぱりお得

 少しでも返済額を少なくしたいのであれば、ローンで借りたお金を繰り上げ返済しましょう。返済に余裕がある場合は、繰り上げ返済をお勧めします。返済残高が大きいままだと、利息額も増えてしまいます。返済残高は減らせるうちに減らしておきましょう。返済完了までに時間がかかる場合は、金利に応じて利息がどんどん増えていきます。日に日に利息が増えていくので、なるべく早く返したいですね。

 返済日当日に返済しても構いませんが、あらかじめ繰り上げ返済が可能なプランを立てておくのが望ましいです。多額のお金が入ってきたり、家計に余裕がある月があれば、その月のローン返済額を増やすのも一つの案です。ローン残高が減れば利息も減り、繰り上げ返済が可能になるというメリットもあります。

 ローンというのは、長く借り続けるとそれに応じて利息も増えていく仕組みです。利息を減らしたいのであれば、繰り上げ返済をすることをおすすめします。あらかじめ返済計画を立てておこう。繰り上げ返済ができない金融サービスもありますが、カードローンの借入はいつでも繰り上げ返済が可能です。しばらく使う予定のないお金があれば、それを使って繰り上げ返済をすることをおすすめします。

申し込み前には必ず返済シミュレーションをする

 ローンを借りるときは、事前に返済できるかどうかを確認することが大切です。金融会社のサイトには、無料で使えるローンシミュレーションサイトがありますので、ぜひ活用してください。お金を借りたら利息をつけて返さなければならないのは、多くの金融会社に共通しているといえます。利息を減らすためには、借入額を減らし、なるべく早く返済するなどの対策が必要です。

 お金を借りる期間を短くするには、借りすぎないことです。借入額が大きくなると返済が大変になり、完済までに数ヶ月かかるため、家計にも影響します。借入額が同じでも、2ヶ月で返済する場合と3ヶ月で返済する場合では、利息に差が出ます。毎月の利息はそれほど高くないと思っていても、返済終了時に支払う利息の累計額は高額になります。どうしてもローンを組まなければならない場合は、できるだけ利息を低くして返済しやすくするようにしましょう。

 ローンシミュレーションのポイントは、金利をできるだけ低く抑えることです。決められた期日よりも早く返済すれば、利息を低く抑えることができます。月々の返済でどれだけ早く元金を減らせるか、スケジュールを確認してみましょう。

当サイトはWordPress最強テーマを使用してます
最強テーマ「Diver」

アフィリエイト初心者でも最高のパフォーマンスを発揮するテーマ。当サイトはその「Diver」を使って作成しています。DiverであればSEO対策は万全!アフィリエイターでもブロガーでも関係なし。サイト回遊率、直帰率、再訪問率がアップします。比較的規模の大きいサイトにはうってつけのテーマになっています。設定もデザインも特別な知識無しで簡単作成できます。管理人のイチオシは「Diver」だけ!

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事