携帯からキャッシングを利用してみよう

携帯から契約する方法

 キャッシングは、現代社会でよく使われる個人向けの貸し出しサービスです。以前はキャッシングはあまり一般的ではないと思われていましたが、今はそうではありません。今では携帯電話があれば簡単にキャッシングの申し込みができるほど手軽なサービスとなっています。借り換えは、まず融資額の条件を決めて、その額を超えなければ、何度でもできます。

 店頭での申し込みも可能ですが、大手消費者金融を中心としたインターネットでの申し込みがお勧めです。インターネット環境に接続できる携帯電話やスマートフォンがあれば、簡単にキャッシングの申し込みができます。運転免許証などの本人確認書類を用意して、携帯電話から公式サイトにアクセスすれば、いつでもキャッシングの申し込みができます。ただし、審査OKの人でなければ、キャッシングを申し込んでもお金を借りることはできません。

 申し込み時の審査では、利用年齢条件を満たしているか、年収や信用情報などが確認されます。キャッシングを利用するためには、審査項目を判断して、借りたお金を返せるかどうかを判断する必要があります。審査に合格して初めて正式にキャッシング契約を結び、提携ATMで融資を受けることができるのです。ネットキャッシングが普及してからは、申し込みに必要な書類の数が減り、審査結果を待つ時間が大幅に短縮される傾向にあります

携帯から申し込む際のキャッシングの審査

 近年、携帯電話からもキャッシングの申し込みができるようになりました。パソコンや携帯電話で金融会社のホームページを開き、専用サイトから申し込む仕組みです。申し込み時の審査に合格すれば、指定した口座にお金を振り込んでもらうことができます。すぐにお金を借りたい方は、キャッシングの申し込みからすぐに融資を受けることができます。

 確実にキャッシング審査に通過したい方は、まずは30万円の融資を希望しましょう。審査結果が出てカードが発行される前に融資を受けたい場合は、さらに金額を下げましょう。即日融資を希望する場合は、10万円以下の融資を希望すると確実性が高まります。希望借入額が10万円なのに審査を断られた人は、他社から借りている可能性があります。

 一般的には、借り手が1人か2人の場合、希望額を10万円に設定すれば、多くの場合、借りられる可能性が高いと言われています。しかし、キャッシングには総量規制という制度があります。これは、消費者金融で借りられる総量規制が、年収の3分の1を超えてはならないと定められているものです。最近では、携帯電話やスマートフォンでもキャッシングが利用しやすくなりましたが、借りすぎには注意が必要です。

携帯料金を滞納していると借り入れできないのか

 携帯電話の利用料金は毎月発生しますが、毎月きちんと支払えていない人もいると思います。キャッシングの申し込みをして、携帯電話料金の支払いを遅らせたい場合、何か効果がありますか?キャッシングのブラックリストには、携帯電話の利用料金を長期間滞納している人も含まれています。たまたま口座の残高が不足していて引き出せない場合など、短期的な滞納は問題ありません。

 支払いをしなければならない日から61日以上滞納すると、個人信用情報が譲渡されるという情報が残ります。お支払いをお願いしているにもかかわらず、延滞が続いていることに対する異動と書かれています。個人信用情報に異動が記録されていると、新たにクレジットカードを作ることができず、新規の借り入れも断られてしまいます。

 移管された方は、新たな借入れができなくなり、現在借りているキャッシングの追加融資も受けられなくなります。最初の申し込み時には、キャッシング会社はあなたの信用情報を審査して調べますが、現在借りているキャッシングができなくなる可能性があります。新規更新ができなくなったり、ある日突然クレジットカードやキャッシングローンが使えなくなったりすることもあります。

 また、キャッシングの返済が長期間滞った場合にも個人信用情報が記録されます。キャッシングの返済や携帯電話の支払いが滞っているときに、携帯電話を分割で購入しようとしても、契約自体ができない場合があります

当サイトはWordPress最強テーマを使用してます
最強テーマ「Diver」

アフィリエイト初心者でも最高のパフォーマンスを発揮するテーマ。当サイトはその「Diver」を使って作成しています。DiverであればSEO対策は万全!アフィリエイターでもブロガーでも関係なし。サイト回遊率、直帰率、再訪問率がアップします。比較的規模の大きいサイトにはうってつけのテーマになっています。設定もデザインも特別な知識無しで簡単作成できます。管理人のイチオシは「Diver」だけ!

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事