クレジットカードのポイント還元率を知っておこう

カード選びの決め手は還元率の高さ

 お財布に現金がなくても、クレジットカードで決済できるので、とても便利ですよね。今ではほとんどの人がクレジットカードを持っていますが、中にはさまざまなクレジットカードを使い分けている人もいます。昔は、家具や家電、アクセサリーなど、通常よりも効果的な買い物をする際に、クレジットカードが活躍していました。

 しかし、近年では日用品の買い物やコンビニエンスストアでの買い物でもクレジットカードが使われるようになってきました。クレジットカードで支払うメリットは、クレジットカードを持ったことで、現金で支払う機会が減ったことです。クレジットカードの大きなメリットは、利用金額に応じてポイントが付与されることです。クレジットカードで買い物をすると、支払い金額の0.5%程度のポイントがつきます。

 カードによっては1〜2%の還元率となり、多くの人の関心を集めています。一見、ポイントサービスの充実は良いクレジットカードのように思えますが、クレジットカードの利用額に制限がある場合もあります。年会費が必要なクレジットカードでも、利用額によっては無料になるものもあります。自分がどれだけクレジットカードで買い物をするかによって、年会費を払ったほうがいいのかどうかがわかります。

 クレジットカードを選ぶ際には、還元率の高さをチェックすることも大切です。

還元率は比較すべき重要なポイント

 現金を持っていなくても、クレジットカードがあればショッピングを楽しむことができます。買い物の便利さだけでなく、クレジットカードに付帯するポイント還元サービスも見逃せないポイントです。最近では、商品購入時のクレジットカード払いだけでなく、公共料金や家賃の支払いもクレジットカードでできるようになりました。

 保険料や住んでいる場所によっては、地方自治体への納税やクレジットカードでの支払いも可能です。多くのクレジットカードにはポイント付与サービスがあり、積極的に利用されている方も多いのではないでしょうか。クレジットカードには、利用額に応じてポイントがたまる仕組みがあります。

 また、還元率が1%のポイントサービスもあります。還元率は高ければ高いほどポイントがたまりますが、還元率が1.5%以上になると、年会費のかかるカードが増えてしまいます。還元率1%で年会費無料のクレジットカードもあれば、1.5%で1500円の年会費が必要なカードもあります。両者の条件を確認すると、年会費の差を還元率で回収するためには、1年間に30万円以上のカード決済を行う必要があります。

 比較のポイントは、ショッピングや家計の固定費が年間いくらになるかを計算して、それが30万円以上になるかどうかです。年会費を回収するためには、1年間で30万円以上をクレジットカードで支払う必要がありますが、それができるかどうかをチェックしてみましょう。クレジットカードを選ぶときは、利用限度額を考慮して、そのカードでいくら支払うかを考えましょう。

当サイトはWordPress最強テーマを使用してます
最強テーマ「Diver」

アフィリエイト初心者でも最高のパフォーマンスを発揮するテーマ。当サイトはその「Diver」を使って作成しています。DiverであればSEO対策は万全!アフィリエイターでもブロガーでも関係なし。サイト回遊率、直帰率、再訪問率がアップします。比較的規模の大きいサイトにはうってつけのテーマになっています。設定もデザインも特別な知識無しで簡単作成できます。管理人のイチオシは「Diver」だけ!

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事