キャッシング?カードローン?ショッピング?どう違う?

クレジットカードのキャッシングとショッピング

 クレジットカードの中には、キャッシングカードとして機能するものがあります。ショッピング機能とキャッシング機能の両方を利用すると、後日、カード会社への支払いが必要になります。1枚のクレジットカードを利用する場合でも、現金化とショッピングではサービス内容が異なりますので、両者の違いを理解しておくことが大切です。

 クレジットカードをキャッシングカードとして利用する場合は、クレジットカードを使ってカード会社からお金を借りることになります。借りられる金額が決まっているので、使いすぎてしまう心配はありません。利用限度額を超えなければ、何度でも融資を受けることができます。

 キャッシングは、「今すぐにでも現金を手に入れたいけど、自由に使えるお金がない」というときに心強い味方になってくれます。利用可能額の全額を借りたとしても、返済すれば利用可能枠が無料になるので、また借り入れを利用することができます。

 一方、ショッピングサービスは、現金を持っていなくてもカード決済ができる、クレジットカードの通常の使い方です。クレジットカードで買い物をすると、ポイントが貯まったり、分割払いができたりするメリットがあります。クレジットカードを1枚持っていれば、お金を借りて買い物ができるので、とても便利で誰もが持っているものです。とても優れた金融サービスですが、上手に使うためには、ショッピングとキャッシングの違いを理解する必要があります。

銀行でのキャッシングの意味

 最近では、急にお金が必要になったときに、銀行などの金融機関が提供するキャッシングサービスがあります。自由に動けるお金がなくても、支払いがすぐに迫っていることがあります。給料日まで支払いを先延ばしにしてもらったり、知人にお金を貸してもらったりする人もいますが、これは避けたほうがいいでしょう。キャッシングであれば、支払先に迷惑をかけることなく、また知人に借りることなく支払うことができます。

 キャッシングとは、金融機関が個人に対して、担保や保証人なしでお金を貸すことです。最近では、CDやATMを使ってお金を借りることがキャッシングの意味だと思っている人も多いようです。最近では多くの人がクレジットカードを持っていますが、そのクレジットカードでもキャッシングに対応しています。融資条件やサービス内容はキャッシング会社によって異なりますので、必要な部分を事前に確認しておきましょう。

 注意したいのは、総量規制やシステムの関係で、キャッシングでは年収の3分の1までしか貸せないということです。専業主婦は年収が0円なので融資を受けることができません。しかし、銀行系金融機関は総量規制の対象外なので、専業主婦の方でも安心してご利用いただけます。キャッシングは、お金が必要になった時にいつでも利用できるとても便利なものとして多くの人に利用されています。

キャッシングとカードローンの意味の違い

 英語のcashはキャッシングの元になるものですが、日本ではキャッシングは個人ローンの金融サービスです。ローン会社が発行するカードで、ローンの手続きをするのがカードローンである。金融会社が発行するカードローン用のカードは、コンビニや銀行のATMに対応しており、ATMを操作してお金を預けたり引き出したりすることができる。融資を申し込む際には、ATMから手続きをすることになるので、あたかも自分の口座からお金を支払っているような感覚になります。

 カードローンはキャッシングの一種で、お金を借りるサービスの総称としても使われています。少し前までは、現金で融資を受けるためには、レジの窓口に行って申し込みをしなければなりませんでした。しばらくすると、専用のATMが設置され、一部の銀行のATMが利用されるようになりました。最近では、コンビニエンスストアでもATMが使えるようになりました。

 以前は、キャッシングの意味は、消費者金融会社がお金に困っている個人に貸すことでした。キャッシングの場合は、カードで借りられる銀行の小口融資をカードローンと呼び、両者は別物です。カードローンとキャッシングには明確な違いがありましたが、今ではその違いは完全に埋まっています。銀行と消費者金融会社の業務提携も進み、提供される金融サービスが統合されたり、新しいサービスが提供されたりしています。

 カードローンと表示されていても、実際には銀行系の消費者金融会社である場合もあり、一般的には意味が理解されていません。

当サイトはWordPress最強テーマを使用してます
最強テーマ「Diver」

アフィリエイト初心者でも最高のパフォーマンスを発揮するテーマ。当サイトはその「Diver」を使って作成しています。DiverであればSEO対策は万全!アフィリエイターでもブロガーでも関係なし。サイト回遊率、直帰率、再訪問率がアップします。比較的規模の大きいサイトにはうってつけのテーマになっています。設定もデザインも特別な知識無しで簡単作成できます。管理人のイチオシは「Diver」だけ!

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事