住宅ローン借り換えは慎重に検討しよう

借り換えにかかる手数料とは

 返済を楽にするために住宅ローンの借り換えをする人は多いですが、意外と重視しなければならないのが諸費用という項目です。借り換えをする場合は、各金融機関にどれくらいの費用がかかるのかを確認してから進めましょう。低金利だけで借り換え先を決めても、借り換えにかかる費用が高ければ、結局は利益が出ないこともあります。住宅ローンの借り換えを行う際、費用の中で大きな割合を占めるのが「保証料」と「事務手数料」です。

 保証料は、メガバンクや都市銀行の占める割合が大きいので、事前にチャッキングしておくことがとても大切です。保証料が0円で融資を受けられるのはネット銀行です。ただし、ネット銀行は事務手数料が高い傾向にありますので、借り換えは高額になると考えてよいでしょう。借り換え時の保証料0円のインパクトは大きいかもしれませんが、その他の費用も計算すると、結果的にはそれほどでもないかもしれません。

 また、意外と忘れがちなのが、1回目の住宅ローンで保証料を一括で支払った場合、繰上返済をすると保証料が戻ってくる場合があることです。住宅ローンの借り換えの際には、返ってくる保証料を計算して、メリットがあるかどうかを検討することが大切です。保証料は繰り上げ返済をして返済期間を短くすれば返ってきますが、事務手数料は返ってきません

 事務手数料や保証料などの費用がどのように支払われるのかを理解した上で、住宅ローンの借り換えを検討してください。

借り換えに適した時期について

 家を買うために住宅ローンを組んで、返済を続ける人は多い。住宅ローンは、大きな融資を受けて何十年も返済し続ける大規模なローンです。現在の住宅ローンよりもはるかに低い金利のローンに借り換えることで、返済しやすくなります。現在返済している住宅ローンよりも低金利の住宅ローンがある場合は、借り換えを検討してみてはいかがでしょうか。

 その方法とは、低金利で貸し出している住宅ローンに借り換えることです。住宅ローンの借り換えは、新しいローン商品を契約するのと変わらないので、さまざまな手数料を支払わなければなりません。借り換えの手続きは、最初から住宅ローンを借りる手続きと同じなので、保証料や各種手数料を想定するとかなりのコストになります。新しい住宅ローンを借りる手続きをしている間に、現在の住宅ローンを並行して繰り上げ返済する必要があります。

 低金利の住宅ローンの借り換えは、さまざまな手続きを考えると、案外意味があるのかもしれません。現在の住宅ローンの返済期間が長く残っている場合や、返済額が1,000万円以上残っている場合は、借り換えを検討する意味があります。最終的に自分にとっていい借り換えになるかどうかをいろいろな角度から確認して、手続きに移るのがいいでしょう。今は特に金利が低いので、借り換えを検討するには良い時期だと思います。

借り換えで確認すべきポイントとは

 今の住宅ローンを別の住宅ローンに借り換えたい場合、何を重視すればいいのでしょうか?住宅ローンの借り換えに関しては、金利が下がっている時がチャンスですので、ぜひ検討してみてください。住宅ローンの借り換えが有利になる目安としては、返済期間が10年以上であることが挙げられます。借り換えても完済までの期間が短ければ、利益を出すことができません。

 住宅ローンの借り換えが有利かどうかは、現在の住宅ローンよりも金利が0.1%以上低く、なおかつ残高が8ケタ以上あるかどうかでわかります。住宅ローンの借り換えを検討する際には、上記のことを考慮すべきだと以前から指摘されてきました。しかし、今では昔では考えられないような住宅ローンの種類もあるようです。最近では、金利にあまり差がなくても、ほとんど手数料なしで住宅ローンを切り替えられる金融機関もあり、見た目以上に借り換えの効果は高いようです。

 最終的な判断は、現在の住宅ローンの利息を含めた収支が、新しい住宅ローンのメリットを含めた総返済額よりも安いかどうかです。借り換えによって支払金額が安くなるのであれば、借り換えをしたいと思います。住宅ローンを借り換えて、新しく借りた住宅ローンの返済額と借り換えにかかった手数料を足しても、以前の住宅ローンより高くなってしまっては、借り換えの意味がありません。

 この頃、10万円前後で借り換えられる非常に良い住宅ローンも出てきています。検討してみても損はないかもしれません。

当サイトはWordPress最強テーマを使用してます
最強テーマ「Diver」

アフィリエイト初心者でも最高のパフォーマンスを発揮するテーマ。当サイトはその「Diver」を使って作成しています。DiverであればSEO対策は万全!アフィリエイターでもブロガーでも関係なし。サイト回遊率、直帰率、再訪問率がアップします。比較的規模の大きいサイトにはうってつけのテーマになっています。設定もデザインも特別な知識無しで簡単作成できます。管理人のイチオシは「Diver」だけ!

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事