クレジットカードを契約する前に知っておきたいこと

契約の手続きについて

 最近では、クレジットカードを持つことが一般的になり、多くの人が日常的に利用しているようです。一人で複数枚のクレジットカードを所有している人もいますし、学生や主婦の方が利用することも珍しくありません。クレジットカードは、多額の商品を購入するときだけでなく、ちょっとした買い物や公共料金の引き落としなどにも使われています。クレジットカードの利点は、手元にお金がなくても買い物ができることです。

 ポイント特典付きのクレジットカードを利用すれば、買い物をするたびにポイントが貯まり、景品やカタログ商品と交換することができます。最近では、クレジットカードを新規に発行する場合、パソコンや携帯電話を操作するだけで済むようになりました。ただし、申し込み時に提出しなければならない書類や情報がありますので、それらを準備してから申し込むとスムーズです。クレジットカードを申し込む際には、本人が確認できる書類のコピーが必要です。パスポートと運転免許証が必要になります。

 このとき、本人確認書類に記載されている住所が現住所と異なる場合は、住民票などの現住所がわかるものを提出することになります。無事に書類を提出したら、審査の結果が出るまで待ちます。審査では、クレジットカードの返済が可能かどうかを確認します。毎月の収入がない方や、収入が不安定な方は、クレジットカード利用後の返済能力に不安があると思います。

 お申し込み時の審査で問題がないと判断された場合、ご自身のクレジットカードを発行していただくことができます。

契約を申し込む方法

 クレジットカードを持つには、クレジットカード会社と契約を結ぶ必要があります。クレジットカードを申し込む際には、カード会社の審査を経て、契約手続きを行うことになります。様々なクレジットカードの流通に伴い、クレジットカードの契約方法も多様化しています。デパートや小売店が発行するクレジットカードは流通型と呼ばれ、店内に新規利用者の受付窓口が設けられています。スーパーやデパートに行けば、クレジットカードの申し込みコーナーがあり、必要な書類を提出するだけです。

 クレジットカードの発行元が信販会社の場合は、店舗のカウンターに行くか、電話やFAXで申し込むことができます。また、商品購入時にクレジットカードを申し込むこともできます。銀行系のクレジットカードの場合は、口座開設時に一緒に申し込むことができます。最近では、インターネット上に申し込みページがあり、自宅にいながらクレジットカードの申し込みができるようになっています。

 最近では、スマートフォンやパソコンを使ってクレジットカードの申し込みができる金融会社も珍しくありません。インターネットで申し込むだけで、即日にクレジットカードを発行できるカード会社もあります。書類の提出は、FAXや画像送信に置き換わります。インターネットを利用することで、クレジットカードの契約を効率的に行うことができます。

契約の審査を通るためには

 クレジットカードを使うと、カード会社はお客さんが使った分を払えるように審査で判断します。いくらお客さんが望んでいても、審査でダメだと言われたら、会社はクレジットカードを作りません。クレジットカードの審査では、勤務先や勤続年数、家族構成だけでなく、ローンの利用状況や返済状況などもチェックします。信用情報機関には、金融機関からの個別の借入内容だけでなく、他社の申込状況も記録されています。クレジットカードを申し込む際には、審査基準を理解した上で申し込むようにしましょう。

 まず、必要なカード会社を絞り込んでから、契約の申し込みをしましょう。新規契約特典を得たいからといって、クレジットカードを解約して交互に契約をすると、審査時に断られてしまいます。すでに複数のクレジットカードをお持ちの方は、審査の結果、お断りさせていただく場合がございます。普段使っていないクレジットカードを持っている場合は、解約して使うカードだけを残しておきましょう。

 専用の用紙に必要事項を記入して提出するのが一般的ですが、読めない文字を書いてしまうと審査に通らないことがあります。せっかく申請しても、書き間違いで断られてしまうのはもったいない話です。クレジットカードの審査では、安定した住居と安定した仕事・収入が最重要です。

当サイトはWordPress最強テーマを使用してます
最強テーマ「Diver」

アフィリエイト初心者でも最高のパフォーマンスを発揮するテーマ。当サイトはその「Diver」を使って作成しています。DiverであればSEO対策は万全!アフィリエイターでもブロガーでも関係なし。サイト回遊率、直帰率、再訪問率がアップします。比較的規模の大きいサイトにはうってつけのテーマになっています。設定もデザインも特別な知識無しで簡単作成できます。管理人のイチオシは「Diver」だけ!

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事