クレジットカードのブラックリスト豆知識

ブラックリストの情報について

 クレジットカードは毎月きちんと返済していれば問題ありませんが、返済トラブルが発生するとその履歴が記録されます。返済できない人や何ヶ月も延滞している人はブラックリストに登録されます。多少の返済の遅れですぐにブラックリストに載るわけではありませんが、長期間の延滞や債務整理をした場合には登録されます。ブラックリストに登録されてしまうと、使用しているクレジットカードが使えなくなることが多いようです。

 そうなると、新たにクレジットカードを作ろうと申し込んでも、カード作成時にブラックリスト入りが確定してしまい、審査が通貨できなくなってしまいます。信用情報機関で管理されている情報がブラックリストとして記載されている場合、クレジットカードの審査は行われません。信用情報機関のブラック情報は永遠に続くわけではないので、いずれはクレジットカードを所有できるようになります。

 CICと呼ぶ信用情報機関もありますが、ブラックリストに登録された名前は、取引が完了してから5年間放置され、その後削除されます。ブラックリストに登録された情報が5年以上経過すると、記録が消えてクレジットカードの申し込みができるようになります。キャッシングやローンの利用中に返済が困難になった場合は、早めに対応しましょう。頑張っても返済できない場合は、金融会社に相談したり、債務整理などの措置をとるとよいでしょう。

 ブラックリストから消えるのは、取引が完了してから5年後なので、取引が完了していなければ名前は残ります。

ブラックでもOKのクレジットカード

 ブラックリストに名前が載っていることもありますが、クレジットカードを作りたいです。自己破産や多重債務者になるなどの長期延滞の記録があると、ブラックリストに載ってしまいます。ブラックリストに名前が載っていると、新規融資やキャッシングは断られます。ブラックリストに名前が載っている場合は、とりあえずクレジットカードの発行やローンの利用はあきらめたほうがいいでしょう。ブラックの人は、クレジットカードを持てないようです。

 金融会社によって審査基準は異なりますので、ブラックリストに名前が載っていても、クレジットカードを作れるところはありますよ。お客さまの立場からすると、ブラックリストに載っている名前に関係なく、クレジットカードが作れるといいですよね。カード会社がOKならば、クレジットカードが使えると判断できるのでしょうか?基本的には、審査をクリアしなければ、クレジットカードは作れません

 審査というのは、お客様が信用できると判断されなければ通らない壁です。ブラックリストに載っている人がクレジットカードの審査に通らないのは自明の理です。しかし、OKとされている場合は、正しい審査が行われていない可能性が十分にあります。ブラックリストに名前が載っていてもクレジットカードが発行できるというだけで喜ぶ人もいますが、今後のことを考えると申し込まないほうがいいかもしれません

当サイトはWordPress最強テーマを使用してます
最強テーマ「Diver」

アフィリエイト初心者でも最高のパフォーマンスを発揮するテーマ。当サイトはその「Diver」を使って作成しています。DiverであればSEO対策は万全!アフィリエイターでもブロガーでも関係なし。サイト回遊率、直帰率、再訪問率がアップします。比較的規模の大きいサイトにはうってつけのテーマになっています。設定もデザインも特別な知識無しで簡単作成できます。管理人のイチオシは「Diver」だけ!

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事