支払い忘れは要注意!クレジットカードの鉄則

預金残高は要確認

 クレジットカードの提携店が増え、カードの利便性が向上しています。誰もが当たり前に持つようになったクレジットカードですが、利用する際には注意すべき点もあります。クレジットカードが1枚あれば、手元に現金がなくても、いつでもショッピングを楽しむことができます。一口にクレジットカードといっても、価値の高いユーザーだけが持てるカードなど、さまざまなサービスがあります。

 クレジットカードを持つことで、社会的な信用を得ることもできると言われています。ステータスのあるクレジットカードを持つという意識は、仕事へのモチベーションにもつながります。クレジットカードでの支払いは、カード会社が一時的に、1ヶ月分をまとめて決済し、支払いが行われます。支払いを忘れると、せっかく築いた信用を失うことになるので注意が必要です。

 銀行口座を指定して、決済日に自動的に引き落とされるように設定している場合は、十分な預金があるかどうかを確認してください。クレジットカードを使って決済したかどうか、次回の決済日にいくら請求されるかわからない場合はクレジットカードの支払い口座と給与口座を同じにしておけば、残高不足になる心配はありませんから、確実性を高めることができます。毎月振り込まれる給料など、安定した預金がない銀行で引き落としをすると、残高不足になりやすいので注意が必要です。

支払期限を把握しておく

 クレジットカードの支払い自体は自分で買ったものですから、必ず期日までに決済してください。期日までに決済しないと延滞となり、せっかく積み上げた信用が失われてしまいます。期日までに返済していない場合は、カード会社から督促の電話がかかってきます。カード会社から督促を受けた後に入金すると、印象が非常に悪くなりますのでご注意ください。お金が足りないときは、率先してカード会社に電話して相談してみましょう。

 この相手からの評価は、やはり連絡して不足分の支払いを説明したほうが多少はマシです。今後もそのクレジットカードを使い続けるつもりであれば、相手との良好な関係を築くためにも、関係性を大切にすることが大切です。数日の遅れで自信を持って返済を断念しない限り、カード会社は見落としがちです。何日も連絡せずに支払い期限を放置していると、クレジットカードが停止されてしまいます。

 延滞などの返済問題が発生した場合、クレジットカードを利用すると残債が請求されますので、ご注意ください。万が一、口座のお金が足りなくなった場合は、毎月口座に補充し、カードの使用状況を把握することが大切です。クレジットカードの返済が滞ったという記録を信用情報会社が残しておくと、今後新たにローンを組もうとしたときに、審査の段階で断られることがありますので、注意が必要です。

支払いの遅延について

 クレジットカードは、現金での支払いに代わるもので、クレジットカードでの支払いが可能です。クレジットカードがあれば、財布にお金が入っていなくても、カードの金額いっぱいまで買い物をすることができます。私たちの間では、クレジットカードを所有することが当たり前になっているほど人気があります。クレジットカードが使えるお店はどんどん増えていますし、カードで支払えないお店も減っているようです。

 クレジットカードは日々の買い物を便利にしてくれますが、自分がカードでどれだけ買ったかを把握する必要があります。カード会社からの身に覚えのない請求書を忘れてしまい、たくさんのカードを使ってしまったという人もいます。毎月いくら請求されるのかを把握するためには、一括購入したのか、リボ払いにしたのか、分割払いにしたのかを把握する必要があります。金額にかかわらず、クレジットカードで支払いをしないと、あなたの信用に傷がつきます。

 ローンや新規キャッシングを申し込む際には審査がありますが、過去の延滞記録は信用失墜の原因となります。自動車ローンや住宅ローンを計画している人は、過去に返済遅延の経験があると審査で不利になります。クレジットカードの支払い口座に十分なお金が残っているかどうか、事前に確認しておくとよいでしょう。カード会社から見知らぬ請求書が来たときは、カードが悪用された可能性がありますので、すぐに対策をとることが大切です。

当サイトはWordPress最強テーマを使用してます
最強テーマ「Diver」

アフィリエイト初心者でも最高のパフォーマンスを発揮するテーマ。当サイトはその「Diver」を使って作成しています。DiverであればSEO対策は万全!アフィリエイターでもブロガーでも関係なし。サイト回遊率、直帰率、再訪問率がアップします。比較的規模の大きいサイトにはうってつけのテーマになっています。設定もデザインも特別な知識無しで簡単作成できます。管理人のイチオシは「Diver」だけ!

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事