消費者金融のキャッシング利率と利息について

利率について

 簡単な手続きで即日融資を受けたい人にとって、キャッシングはありがたい存在です。キャッシング業界の振興により、最近ではキャッシングが使いやすいと認識されるようになりました。一回の融資額がかなり高額なキャッシングもありますので、現金を調達しなければならない方にはとても便利です。キャッシングでお金を借りる際には、担保や保証人は必要なく、運転免許証などの身分証明書があれば審査に申し込むことができます。

 インターネットを利用して自宅のパソコンやスマートフォンから申し込みができるようになり、今では多くの利用者がいます。多くの人に利用されているキャッシングですが、その金利には注意が必要です。ある程度金利を高く設定することで、保証人や担保がなくてもローンが組める状況を作っていることを知っておく必要があります。キャッシングを申し込む前に、金利がどうなっているのかをしっかり理解しておきましょう。

 キャッシングの金利は0.1%のわずかな差でも、借入や返済期間によっては数万円以上の利息額の差が生じます。初めてキャッシングを利用する場合は、まだ金融機関からの信用がないため、適用金利が高く設定されていることが多いです。キャッシングを何度も利用すると、いつまでたっても返済できないばかりか、思ったよりも多くの利息を支払うことになりかねません。とても便利で使いやすいキャッシングですが、利用する際には利息をつけて返さなければならないことを覚えておきましょう。

利率に低い会社からお金を借りる

 急な出費でお金が必要になったとき、キャッシングによる借り入れはとても便利です。すぐにでも買いたいのに、現金がなくて動けないということもあるでしょう。友人からお金を借りる人もいますが、友人との関係を考えると、あまり大きなお金の貸し借りはしないほうがいいでしょう。誰にも迷惑をかけずにお金を手に入れる方法として、金融会社のキャッシングがあります。

 今は少しの手間でキャッシングの申し込みができるので、必要なときにいつでも融資を受けることができます。最近では、多くの金融会社がキャッシング事業を行っていますので、自分に合ったお金を借りることができます。どの金融会社に申し込むかは非常に迷うところですが、返済のことを考えると金利の低いキャッシングを利用するのが良いでしょう。銀行や信用金庫は、消費者金融からの借り入れよりも低金利で貸してくれることが多いです。

 銀行や信用金庫は消費者金融よりも低金利なので、それに伴い申し込み条件が厳しくなることがあります。金融機関によっては、勤続年数や年収に制限がある場合もあるので、よく確認してからキャッシングの申し込みをしましょう。また、その地域に住んでいたり、働いていたりしないと貸してくれない地方銀行や信用金庫もあります。また、低金利でキャッシングを提供している金融機関は、審査に時間がかかることもあるので注意が必要です。

利息を利率から計算する方法

 もちろん、消費者金融のキャッシングを利用すれば、利息を負担しなければなりません。利息は日割りで計算されますが、1日の利息はごくわずかです。しかし、何ヶ月もお金を借り続けていると、かかる利息が大きくなってしまうこともあります。キャッシングを利用する際には、借りたお金を返済するスケジュールをしっかりと立て、借りすぎないようにしましょう。キャッシングでお金を借りる前に、自分が負担する利息の総額を知っておくことが大切です。

 キャッシング利用時の利息の計算方法はそれほど複雑ではありませんので、ご自身で計算してみてください。利息は借入残高に対して発生しますので、まず借入残高に金利をかけます。これで導き出された金額が年間の利息負担額となりますので、年間の利息負担額を365日で割って1日の利息負担額を導き出します。借りた日数に1日あたりの利息をかけて、その合計が支払い時に必要な利息となります。

 次に負担する利息は、借入残高から前月の元金返済額を引いたものに金利をかけたものなので、1月の利息負担額は返済が進むにつれて減っていきます。また、キャッシングの情報を提供している人気ランキングサイトでは、無料で返済計画のシミュレーションができます。返済中に予期せぬ出費が発生することもありますので、少し余裕を持ったスケジュールを立てましょう。返済が生活に支障をきたさないように、キャッシングの利息を計算して毎月の返済額を把握しておきましょう。

当サイトはWordPress最強テーマを使用してます
最強テーマ「Diver」

アフィリエイト初心者でも最高のパフォーマンスを発揮するテーマ。当サイトはその「Diver」を使って作成しています。DiverであればSEO対策は万全!アフィリエイターでもブロガーでも関係なし。サイト回遊率、直帰率、再訪問率がアップします。比較的規模の大きいサイトにはうってつけのテーマになっています。設定もデザインも特別な知識無しで簡単作成できます。管理人のイチオシは「Diver」だけ!

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事