自動車ローンについての基礎知識

金利について

 車を買うときにはある程度のお金が必要ですから、お金を作るためにローンを利用する人も多いようですね。金融会社が扱う自動車ローンには様々な種類がありますが、融資条件は会社によって異なります。大きなローンを利用することになりますから、自動車ローンを組むときにはいろいろと調べておくといいでしょう。

 銀行のマイカーローンは定番ですが、金利のほかにローン保証料として手数料を取る銀行が多いと言われています。保険料が1円もかからないマイカーローンもありますので、いろいろな対処法があると思います。手数料を軽視して金利ばかり気にしていると、かえって損をしてしまうこともあります。自動車ローンは、ディーラー系の金融機関からも借りることができますので、選択肢に入れておくとよいでしょう。

 ディーラー系金融会社は、銀行よりも金利が高いというネックがありますが、機種によってはキャンペーンプランや金利の割引があります。ディーラー系マイカーローンのメリットは、ローンを組んで車を購入すると、車体価格が値引きされることです。ディーラータイプの自動車ローンを利用する場合、一定の手数料がディーラーに発生しますので、車体価格を下げても問題はありません。

 ローンの返済負担を減らし、安く車を買うためには、まずディーラーローンを利用し、その後、金利の低い他社のローンに借り換えます。自動車ローンで車を買うときは、どのような借り方をすれば返済の負担が減るのかを考えてみましょう。

審査について

 昔のように高価な車にあこがれる人はいないと言われていますが、ファミリーカーが欲しいという人はいますよね。車を買うときには、現金ではなく、自動車宅ローンの利用を考える人が多いようです。車が欲しくても買えないのに自動車ローンを組む人もいます。一括購入は、よほどお金がないと難しい。全財産を投じて車を買うことはないでしょう。

 自動車ローンを扱う金融会社には、消費者金融、信販、ディーラーなど多種多様な会社があり、ローンの条件も異なります。申し込みのしやすさは、ディーラーローンの大きな強みです。ディーラーローンは、審査が早く終わり、申込書の作成も簡単というメリットがありますが、その反面、金利が高く設定されています。信販系の自動車ローンは、借り入れ時の条件がそれほど厳しくない傾向がありますが、ローン金利は一般的に高く設定されています。

 銀行ローンは融資額が大きく、金利も低いが、申し込み自体が難しく、審査にも時間がかかる。一般的には窓口で手続きをすることが多いが、インターネットの普及でオンラインでの手続きが普及している。銀行の自動車ローンは、銀行の営業時間内に窓口に来なければならず、審査の結果が出るまで何日も待たなければなりません。一度借りたら、完済するまでローンを続けなければなりません。どのような金融会社から融資を受けるか、よく考えて決めましょう。

マイカーローンを比較しよう

 利息以外の手数料の計算や審査のしやすさなど、自動車ローンの条件は、どの金融会社と提携しているかによって異なります。手持ちのお金が少なくても、自動車ローンを組めば欲しい車を買うことができます。お金が足りなければ、教育ローンや住宅ローン、リフォームローンなどのローンを利用することができます。目的別ローンの内容は、ローン資金を何に使うかで決まりますが、マイカーローンは、車を買うためのローンと言えます。

 マイカーローンは、普段金融商品に馴染みのない人でも、利用した経験が少ないローンです。車を買うのはやむを得ないからローンを組む」という人もいますが、それ以外のローンを組むことはありません。車を買う前に、どの金融会社がどのような自動車ローンを扱うのか、ある程度予測しておきましょう。金利を比較すると、銀行が最も低く、次いでディーラー、信販となっています

 金利に目が行きがちですが、自動車ローンを検討する際には、金利以外にもチェックすべきポイントがあります。銀行系の自動車ローンは、手続き自体が難しく、審査も厳しく、時間もかかるのでやむを得ません。ディーラーや信販系の住宅ローンは、申込書類の作成が簡単で、審査も早く、審査も厳しくない傾向があります。車を買おうと思ったら、どのタイプの金融会社の自動車ローンにするか、よく考えてみてください。

当サイトはWordPress最強テーマを使用してます
最強テーマ「Diver」

アフィリエイト初心者でも最高のパフォーマンスを発揮するテーマ。当サイトはその「Diver」を使って作成しています。DiverであればSEO対策は万全!アフィリエイターでもブロガーでも関係なし。サイト回遊率、直帰率、再訪問率がアップします。比較的規模の大きいサイトにはうってつけのテーマになっています。設定もデザインも特別な知識無しで簡単作成できます。管理人のイチオシは「Diver」だけ!

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事