クレジットカードの年会費が無料になる理由とは

会社の都合?

 年会費が不要なクレジットカードと、年会費が必要なクレジットカードがあるのはなぜですか?クレジットカードには、月々の支払額の計算、銀行口座への引き落とし手続き、カード自体の発行、有効期限の管理、個人情報の管理など、さまざまな費用が発生します。クレジットカードを持っている会員全員に、年に一度、年会費を払ってもらうことで、顧客選別効果になります。例えば、一度もクレジットカードを使ったことのないお客様がいた場合、年会費の支払い時期になると、ほとんどの場合、解約していただくことになります。

 クレジットカードを持っているだけで使えない幽霊のようなお客様がたくさんいたとしても、データの管理が大変なだけなので、カード会社としては解約してくれた方が都合がいいのではないでしょうか。年会費が発生するクレジットカードは、お客様に退会作業をしていただくことで、経営の最適化に貢献するという側面があります。クレジットカードの種類は非常に豊富で、中には年会費が不要なものもあります。

 クレジットカードの年会費が不要な場合は、決済時にクレジットカードの運用手数料が発生します。お客様にとっては嬉しい配慮のようですが、利益確保のために還元すべきサービスが省略されているケースもあるようです。年会費がかかるかどうかは、クレジットカードを選ぶ際の重要な項目のひとつです。しかし、クレジットカードを選ぶ際に、年会費の有無ですべてを決めてしまうのはよくありません。年会費だけでなく、クレジットカードに付帯するサービス内容も評価することが大切です。

カードを利用したキャッシングについて

 カードをキャッシングに使うことで、必要な時にいつでも融資を受けられるようになりました。カードキャッシングは、提携ATMを利用して借入・返済ができるため、多くの人が利用しています。カードを使ったATMでの手続きには、「クレジットカードを使ったキャッシング」と「ローンカードを使ったキャッシング」の2種類があります。どちらのカードを利用するかによって、金利や借入限度額、申し込みにかかる時間などが異なります。

 キャッシング目的での利用を検討している方は、各サービス内容をよく比較してから選択することが大切です。カードの枚数を減らしたい、あるいは財布の中を見ても現金化していることがわからないようにしたいという人もいるでしょう。クレジットカードの現金化装置を使うのは、そういう人にぴったりです。クレジットカードを新規に発行してもらう場合は審査に時間がかかるので、すぐに融資を受けたい人には不向きです。

 メインはクレジットカードで、キャッシング機能は後付けなので、金利や借入限度額などの条件はあまりよくありません。そんな中、気軽に申し込めて審査もスピーディーに行えるのが、消費者金融会社のカードローンです。少し前までは、銀行のカードローンは消費者金融のカードローンに比べて審査に時間がかかるというデメリットがありましたが、一部の銀行ではほとんど変わりません。たくさんのお金が必要で、できるだけ低金利で融資を受けたい方は、銀行カードローンを利用してみてはいかがでしょうか。

当サイトはWordPress最強テーマを使用してます
最強テーマ「Diver」

アフィリエイト初心者でも最高のパフォーマンスを発揮するテーマ。当サイトはその「Diver」を使って作成しています。DiverであればSEO対策は万全!アフィリエイターでもブロガーでも関係なし。サイト回遊率、直帰率、再訪問率がアップします。比較的規模の大きいサイトにはうってつけのテーマになっています。設定もデザインも特別な知識無しで簡単作成できます。管理人のイチオシは「Diver」だけ!

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事