住宅ローンを組むときに注意する点

金利以外に諸費用も比較する

 家は大きな買い物なので、多くの人が住宅ローンを組みます。住宅ローンを組むと、返済が完了するまでに長い時間がかかります。30年、40年という人もいます。住宅ローンの貸し出し条件は、金融会社によって大きく異なりますが、比較すべきポイントは住宅ローン金利だけではありません。金利は重要ですが、それ以外にも住宅ローンが経済的に負担になる場面がありますので、確認しておきたいと思います。

 生命保険特約、事務手数料、保証料などの名目で様々な費用が発生していますが、それは住宅ローンです。消費金額は小さくないので、金利の低さだけに注目してローンを選ぶのは避けましょう。完済までの金額を試算すると、金利が低くても手数料が高い住宅ローンの方が負担が大きい場合があります。正式な手続きを終えてから手数料が高いことに気づいても、後戻りはできません。

 今、住宅ローンを比較している方は、比較条件の欄に手数料を入れることをお忘れなく。各社の融資条件を確認し、どの金融機関の住宅ローンが借りやすいか、どの費用が抑えられるかを比較してみましょう。十分に比較せずに、複数の金融機関の住宅ローンを申し込むのは避けるべきです。住宅ローンの総支払額が数百万円単位で変わることもありますので、住宅ローンの徹底比較はとても重要です。

金融機関ごとに金利を比較する

 住宅ローンを組む場合、金融機関によって違いがありますので、利用する際には天秤にかける必要があります。住宅ローンを比較すると、大まかに変動金利方式と固定金利方式の2種類があることがわかります。変動金利と固定金利のメリット・デメリットを理解することが、ローンを比較する際のポイントです。同じ金融機関の住宅ローンを比較すると、固定金利のほうが変動金利よりも高く設定されていることが多いようです。

 データを見ると、住宅金融支援機構の固定金利が他社に比べて高いことがわかります。次に高いのは財閥系大手銀行の固定金利で、ネット銀行やその他の銀行が続きます。固定金利は返済が終わるまで同じなので、低金利の今だからこそ利用するメリットがあります。住宅金融支援機構は変動金利ではありません。大手財閥系銀行は高金利で、ネット銀行や新銀行は低金利です。

 長期固定金利など、住宅金融支援機構でしかできないローンもありますので、一概に比較はできません。固定金利の場合、設定した期間内の金利は変わりませんが、変動金利の場合、審査時の金利動向によって変わります。市場の金利が大きく変動した場合、金融機関は固定金利の影響を完全に受けてしまうという考え方である。住宅ローンを組む際には、現在の金利を比較するだけでなく、将来的に金利が上がるのか下がるのかを考慮する必要があります。

当サイトはWordPress最強テーマを使用してます
最強テーマ「Diver」

アフィリエイト初心者でも最高のパフォーマンスを発揮するテーマ。当サイトはその「Diver」を使って作成しています。DiverであればSEO対策は万全!アフィリエイターでもブロガーでも関係なし。サイト回遊率、直帰率、再訪問率がアップします。比較的規模の大きいサイトにはうってつけのテーマになっています。設定もデザインも特別な知識無しで簡単作成できます。管理人のイチオシは「Diver」だけ!

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事