オートローンに関する豆知識

申込方法

 車を買うとき、お金が足りなくて買えないことが多いですよね。新しい車を買うために、事前にある程度のお金を用意したいとき、オートローンが便利です。車を買うときに申し込んで、審査に通ればすぐに使えるので、欲しい車を手に入れることができるのです。車を買うときに使う目的別のローンをオートローンと呼びますが、具体的な申し込み方法は金融会社によって異なります。

 オートローンを組むためにはどうすればいいの?オートローンは、車を購入する際にディーラーが取り扱うため、車の購入と同時に申し込むことが多いです。購入する車と金額が決まったら、オートローンの契約書に必要事項を記入し、ディーラーを通じてローン会社に申し込みます。審査をクリアしないとローンが組めないという点は、他のオートローンの審査と同じだが、審査にはほとんど時間がかからず、すぐに終了するのが特徴だ。

 申し込み後、ローン会社から申し込み者に電話で連絡が入り、契約内容の確認が行われる。電話では、オートローン会社から返済額や借入条件などの話があります。車を購入する前に必要な手続きなので、販売店は審査結果に基づいて売買契約を締結します。オートローンは新車購入時だけでなく、中古車購入時にも申し込むことができますので、多くの方にご利用いただいているローンです。

金利は種類によって異なる

 新しい車を買おうとする人の約7割がオートローンを利用すると言われています。新車を買うには多額のお金が必要ですから、現金で一括して支払う人は少ないでしょう。金融機関からオートローンを利用するということは、お金を借りるということですから、返すときには利息を払って期日までに返すことになります。オートローンを利用する際には、金利に注意して借り入れ条件を確認する必要があります。

 金利の差は0.5%や1%ですから、つい放置してしまう人もいるようです。しかし、オートローンは借入額が多く、返済にも時間がかかるため、わずかな金利差も無視できません。オートローンを選ぶ際には、わずかな金利の違いにも気を配ることが大切です。ローン会社によっても金利は異なりますが、一般的に正規ディーラーのオートローンは金利が高いものが多いです。ディーラー系列の金融会社のローンを利用すると、割引サービスや各種オプション、下取り価格などでとても安く見えます。

 しかし、オプション装備や値引きは個別に交渉できますし、下取りは一括査定でさらに高くなることもありますので、一緒にしないほうがいいでしょう。ほとんどの自動車会社は、ローンを組めば分割払いができることをアピールします。これは、ローンを利用すると仲介手数料が発生するからです。近年では、インターネットで自動車ローンの比較や申し込みができるようになり、便利になってきました。1%台のローンを提供しているネット銀行もあるようです。

審査を受ける時の注意点

 自動車の購入や修理には多額の資金が必要となります。実際に購入や修理に必要なお金が用意できない場合は、オートローンを利用しない手はありません。ローンを組むためには、オートローンの申し込みをして、その後の審査を受ける必要があります。オートローンを使って車を購入したり修理したりするときに、どんなことに気をつければいいのか調べてみました。オートローンの審査では、信用情報が重要なポイントになります。

 審査で低い評価を受ける人は、今まで利用していたローンで返済できなかったり、返済を遅らせたりした経験がある人や、未払いのローンを放置している人です。過去の返済で長期間の返済遅延があったり、債務整理をしていると、それ以上の審査は難しくなります。登録された信用情報は、新たなローンを申し込む際の審査時に必ず金融機関で確認されます。申込者の年収の一定割合以上の融資は認められませんので、お金を借りる際にはその点を考慮する必要があります。

 ローンには限度額があり、年収の35%程度が年間返済額の上限と言われています。自動車ローンの1年間の総返済額を知りたい場合は、他のローンの返済額も考慮しなければなりません。オートローンでいくら借りられるかを調べるには、年収の35%から他社で借りているローンを差し引く必要があります。基本的にオートローンは保証人がいなくても利用できますが、金融機関によっては保証人がいると審査が有利になると言われています。

当サイトはWordPress最強テーマを使用してます
最強テーマ「Diver」

アフィリエイト初心者でも最高のパフォーマンスを発揮するテーマ。当サイトはその「Diver」を使って作成しています。DiverであればSEO対策は万全!アフィリエイターでもブロガーでも関係なし。サイト回遊率、直帰率、再訪問率がアップします。比較的規模の大きいサイトにはうってつけのテーマになっています。設定もデザインも特別な知識無しで簡単作成できます。管理人のイチオシは「Diver」だけ!

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事