不動産を担保にしてローンを組む

不動産担保ローンが人気の理由

 銀行融資を受ける際に、不動産担保ローンを利用する人は多いようです。不動産担保ローンとは、自分の土地や家を担保にして融資を受けるローンのことです。低金利で高額な融資を受けたい場合、不動産を担保にする方法がよく使われます。金融会社によって内容は異なりますが、不動産担保ローンの金利は10%以下に抑えられており、抵当権設定を必要としないローンとは大きく異なります。

 不動産担保ローンの魅力は、極めて低い金利でお金を借りられることです。不動産担保ローンは、一般の無担保ローンよりもはるかに低金利です。借りたお金の自由度が高いのも、不動産担保ローンのメリットです。住宅ローンは車を買うためのもの、教育ローンは教育資金のためのもの、金利は低いですが、それ以外のお金の使い方はありません。

 これが不動産担保ローンであれば、何に使おうが、金融会社は意識しません。多額の融資を受けることも、不動産担保ローンを利用する上では好ましいことです。借入希望額が数千万円を超えるような場合でも、不動産担保があれば審査に通る可能性があります。不動産をお持ちの方は、不動産担保ローンを利用してみる価値があると思います。

借り換え目的で不動産担保ローンを利用する

 長い間、低金利が続いているので、借り換え目的で不動産担保ローンを利用する人が増えているようです。ローンの種類は多岐にわたりますが、最初から借入額が決まっているタイプも多くあります。場合によっては、金融会社の融資審査に通らないこともあります。借りたお金を何かに使いたい場合は、用途が限定されていないフリーローンを利用すると良いでしょう。

 融資を申し込む際に担保を提供しますので、金融機関が不良債権化するリスクはありませんので、使い道に制限はありません。不動産担保ローンのメリットは、金融機関のリスクが少ないため高い金利を設定する必要がなく、比較的低い金利でお金を借りることができることです。また、低金利でたくさんのお金を借りることができるので、借り換えにも不動産担保ローンを利用することができます。ただし、借り換えには手数料がかかりますので、金利が低いからといって借り換えても利益が出るわけではありません

 借り換え目的で不動産担保ローンを利用する場合は、金利だけでなく、手続き時の手数料がいくらになるのかを確認しましょう。不動産担保ローンの金利が現在利用しているものよりも低くても、借り換えをすると損をすることがあります。今のローンを返済するためにかかるお金と、不動産担保ローンに借り換えてから返済するまでの時間、どちらが得かをしっかりと計算しましょう。不動産担保ローンに借り換える場合は、ファイナンシャルプランナーのようなお金の専門家に相談するのが良いでしょう。

不動産担保ローンを銀行で利用するには

 ローンを組むときに、不動産担保ローンを利用する人は多いと思います。住宅ローンを組むときくらいは、不動産担保ローンについて知っておきましょう。融資を受けることになった場合、重要なのは担保があるかないかです。銀行の住宅ローンは担保がないと借りられないローンです。消費者金融が融資するカードローンは、特に担保があるわけではありません。銀行に行って融資を受ける場合は、「担保を用意してください」と言われます。

 万が一、返済できなくなった場合には、その担保を使って返済することになります。不動産は資産としての価値が高いので、ローンの担保として使われるのが一般的です。そこで、不動産担保ローンというものがあります。不動産担保ローンに分類される住宅ローンは、これから購入しようとしている土地や建物を担保にします。不動産を担保にしてローンを組んでも、毎月の返済額をあらかじめ決められた金額で支払っていれば何も起こりません。

 担保にしている家や土地の価値が高ければ、低金利で大きなローンを組むことができます。無担保のローンでは難しい。たくさんのお金を借りようとすると、担保がないとできないことがあります。たくさんのお金を借りたいと思ったら、不動産担保ローンを検討してみてはいかがでしょうか。

当サイトはWordPress最強テーマを使用してます
最強テーマ「Diver」

アフィリエイト初心者でも最高のパフォーマンスを発揮するテーマ。当サイトはその「Diver」を使って作成しています。DiverであればSEO対策は万全!アフィリエイターでもブロガーでも関係なし。サイト回遊率、直帰率、再訪問率がアップします。比較的規模の大きいサイトにはうってつけのテーマになっています。設定もデザインも特別な知識無しで簡単作成できます。管理人のイチオシは「Diver」だけ!

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事